February 18, 2018

年も改まり

もう2月も半ばを過ぎてしまいました。
ふだんの年は1月中に新年のご挨拶を上げるのですが、昨年11月末に父が亡くなったりしたので、ご挨拶もできないしなーとか思っている間にもう2月。

お正月はそんなわけですから、おとなしく過ごしました。
昨年と違ったのは、お重箱が違う。ずっと生協で買ったプラスチックのお重箱を使っていたのですが、ヤフオクで見つけた輪島塗の沈朱の素敵なお重箱に換えました。
三段重が2個セットだったのですが、2つもいらないので、1つはメルカリで売りました。思ったよりいい値で売れたので、お得な買い物であった。
2日には恒例の初詣でに、近所の神社と妙法寺へ行きました。
帰りに2日からやっている妙法寺前のスーパーサミットで、お刺し身などを買い込みました。

15日には父の菩提寺で、四十九日をこぢんまりとやりました。
お彼岸も新盆も、親族集まってはやらないということなので、親族に次に会うのは1周忌になりそうです。

27〜28には、狼君のオートバイのオーナーズクラブのイベントにのっかって、人生初のお伊勢さんに行ってきました。内宮の方へ行ったんですが、明治神宮とはずいぶん違うものであった。ご神木にもぺたぺたしてきたし、お札も買ってきました。しかし寒かった。日本は何十年ぶりかという寒波に見舞われていたのでした。
鳥羽の展望台からの眺めがたいそう良かったです。絵本に出てくるようなお船が通っていました。

あとは、2回ほど自分が幹事のオフをやりました。
片方は忘年会でやるはずだったんですが、諸事情により新年会に。
片方は、昔のパソコン通信時代の仲間が、懐かしい顔に合いたいから上京する!というので集まりました。
パソコン通信仲間の方は、涙をのんで不参加な人がけっこういたので、また陽気がよくなったら開催したいと思っています。

そんな1月をすごし、2月に入ってからはちょこちょこwebサイト経由でお仕事のお話をさせてくださいという問い合わせもあり、去年よりは仕事のある年になって欲しいと思う今日この頃なのであった。



鳥羽の展望台からの風景



展望台での狼くん 寒かった



お伊勢さんの山門(というのだろうか?)



御神木。ぺたぺたしてきました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2017

今年もお世話になりました

いよいよ今年も押し詰まってまいりました。
今年は、振り返ってみればいろいろな別れの年でした。

最初は、春に、お仲人さんをしていただいた方が亡くなられました。
春の終わりに、狼くんが大変お世話になった、親代わりといってもいい叔母さまが亡くなられました。
そのあと、初夏にはうちのたま(猫)が18歳で亡くなりました。
実家の猫なっちゃんも、たまと前後して亡くなりました。
最後に、初冬に、私の父が亡くなりました。

みんなそれぞれ、病気で亡くなったので、それなりに心構えもあり、いきなりのショックというのではなかったのですが、別れはそれぞれ寂しいものです。
今年はあまりにも立て続けだったので、続くときは続くものだなあと、それだけしか今は言えません。

来年は、いい年にしたいものです。
幸い、先日ケガをしたT男もすっかり元気になって大きくなり、カムと毎日猫列車をして遊んでいます。
キジキジーズ(チビタ、みう、カム)とか白キジーズ(T男、トモ、グレ)、ワカモノズ(T男、カム、みう、サト)などいろいろ分派ができつつ、皆元気に暮らせています。

皆さまも良いお年をお迎えください。

p.s. クリスマスは例年のごとく、トリを作ってケーキを食べて、楽しく過ごしました。

ケーキは今年は高円寺のケーキ屋さん、ジュンホンマで買ってみました。コージーコーナーよりスポンジもクリームも軽い感じでしたが、いちごはどっさり入っていた。来年はトリアノンにしてみようかな。Be731acbb3734610a46e40628585acd7


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2017

T男その後

T男のその後です。
初めはどうしても右に回ってしまうとか、左右の瞳孔の開き具合に差があるとか、高いところに登れないなどの後遺症があったのですが、だんだんと復活しまして、今ではキャットタワーにも登るし、洋服ダンスの上にも登れるし、すっかり元気になりました。
というか、冬に向かっているせいもあるでしょうが、すごい食欲でどんどん食べて、どんどん大きくなっています…
来た頃から考えると2倍くらいになってるような。
男の子は2歳過ぎまで大きくなりますね。
来た頃はこんなだったT男ですが



今ではこんなです。





多分、今我が家で最大です。7キロくらいかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2017

T男事故る

実は金曜日の夜、10時半ごろ、T男が事故にあっていたのでした。
と言っても交通事故ではありません。
ちょうど「メイドインアビス」の最終回を見ていた時、地下のドライエリアから「ガッシャーン」と大きな音がしました。
そういえば猫たちを遊ばせていたのだった。
あわてて様子を見に行くと、掃除用に買った高さのある脚立が倒れていて、その横にT男が倒れていました。
T男は横倒しになって意識はなく、目は開きっぱなしで口と鼻からちょっと血が出ていました。
名前を呼んでも気がつきません。息は荒くて早かったです。
かかりつけのお医者さんは、自宅と診療所が一緒なので、急患はいつでも診てくれます。
急いで連絡して、T男をなるべく横抱きにしてすぐ連れて行きました。
病院でレントゲンを撮ってもらったのですが、骨折はしていない様です。
どうやら高いところからバランスを崩して落ち、頭を打ったみたいです。
病院でちょっと気がついてきたようだったのですが、そのままステロイドと脳の腫れを引かせるお薬と補液の点滴をしていただき、高酸素室に入院しました。
左右の目がアンバランスになっていて、右側が縮瞳しているようだったので、右を打ったようです。
一晩大変心配して過ごしました。
翌朝、様子を聞きに行ったら、だいぶしっかりしてきたということでちょっと安心。
その日の夕方、退院できるということで迎えに行きました。
まだかなりボーッとしていました。障害が残るかもしれないと言われました。
3日間はよく様子を見てやって、何が起きても不思議ではないからということでした。
ステロイドと抗生物質のお薬が出ました。
帰って、フラフラしながら家の中を見て回って、リビングに一度は落ち着いたのですが、土曜は寝たり起きたり、寝場所をあっちこっちと変えてみたりと、落ち着かない感じでした。
歩いてもなんとなく右回りになってしまうし、首も右に傾げています。
日曜になって、やっと居場所を座椅子の横に決めて、トイレにもいけるようになりました。
ただ水も飲まないしご飯も食べないので、シリンジで時々水を飲ませながら様子を見ていました。
月曜になって、やっと自分から水を飲みに行くようになりました。最初はかなりガブガブ飲んでいました。ご飯もちょっと食べられるようになりました。
で、昨晩からは籐の猫ベッドにこもっています。嫌なことをされるとちょっと怒ったりする元気も出てきました。
普段あまり触れないT男ですが、事故にあってからはずっとボーッとした感じで触り放題です。おかげで投薬もスムーズでしたが、今朝あたりからちょっと難しくなってきました。頭がはっきりしてきたんだと思います。
ボーッとしているすきに、ずっと気になっていた涙目の目薬もさしています。
とりあえず危機は脱したようなので、一安心です。
ずっと様子を見るため、リビングで寝ていたのですが、今晩から寝室に戻っても良さそうです。
ちゃんと治るにはまだ何週間かかかると思いますが…
とりあえず助かってよかった。

Img_2526


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2017

お葬式と四十九日

実は6月の末に、狼くんの叔母様が亡くなりました。
もう3年ほど前からお具合が良くなかったのですが、2月くらいに発作を起こされ、狼くんも5月にお見舞いに行っていたのでした。
狼くんの母方の姉妹の末の妹にあたる方なので、まだまだお元気でいらしてもいいお年だったのですが、大変残念です。
そんなわけで、お通夜とお葬式に行きました。愛知県知多半島、泊まりがけです。お宿ではツバメが巣をかけていたっけ。
とりあえず車で行ってお通夜でしたが、私はここで生まれて初めて見たものがありました。
お通夜で故人を偲んで泣く和尚さん。
そのくらい、叔母様はいい方でした。いつもニコニコ笑っていて、人のことを悪く言うところを聞いたことがありません。
狼くんは翌日どうしても抜けられない用事があったので、私だけ残りました。
翌日告別式でしたが、この時はお坊さんが6人みえました。
お祖母様のお葬式の時もびっくりしたのを思い出しましたが、ここのお寺(曹洞宗です)のお葬式はいろいろ鳴り物が入ってたいそう賑やかなのでした。そしてお坊さんのうち一人はフランス人女性なのだった。グローバル。
狼くんのいとこの方がストッキングが伝線してしまって、余分に持ってきたのを差し上げたらたいそう喜んでいただきました。こんなことなら使い古しじゃなくて新品持って来ればよかった。
告別式の後、お骨上げから初七日のお食事までいただいて、近くの駅まで送っていただき、電車で帰ってきました。

その一月後、四十九日をしますと言うことで、また行ってきました(この間にたまが亡くなりました)。
今回は狼くんも最初から最後までバッチリ参加です。
暑いですから軽装で、ということでしたので、そのつもりで行きましたら、他の方は皆礼服をお召しになっていた… しまった…
で、ですね、持って行った地味目のワンピース、ここ何年か袖を通していなかったのですが、宿にていざ着ようとしたら、ウエストのボタンがはまらないのです。
めっちゃ焦った。
まさかワンピースが。
はまらないというか届かないというか…
狼くんに手伝ってもらって、四苦八苦してベルトでぎゅうぎゅう締め上げ、どうにか形をつけましたが、もう苦しくて大変な思いをしました。食事もいただかないといけないし。気を失ったりしたらどうしようと本気で心配しました。
なんとか無事にお食事も終わり、狼くん実家にお邪魔して、着替えさせていただき、お茶などいただいて帰ってきました。
狼くん実家でお茶をいただいている時、狼くんのいとこのお子さんにあたるあかねちゃん(5歳)が絵を書いてくれたのですが、そこへ「とうきょうおばちゃんだいすき」と書いてくれたんですよ!
頼んでもいないのに!
感動だ!
その絵はもらってきて寝室に貼ってあります。

まあそんなわけで、結構激動の7月前後であったのです。
そしてわたくし、現在絶賛ダイエット中。適切な食事制限と運動を組み合わせております。
目指せ6キロ減。あと4キロ減らします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2017

たまさん 亡くなりました

たまさん、1週間の闘病の末、亡くなりました。
うちで、座布団の上で、大きく息を何度かして、亡くなりました。
2017年、7月16日日曜日、暑い午後でした。

ちょっと調子が悪そうで、脱水気味だったので、7/10の月曜日に獣医さんへ行って、補液をしていただきました。
その日はちょっと調子よさそうだったのですが、それから全く飲食しなくなり、結局そのままどんどん弱って、亡くなりました。補液がきっかけで飲食しなくなってしまったので、また補液して無理に持たせるのも…とか、そんなにお医者さんが嫌だったのか…とかいろいろ考え、そのまま看取ることにしたのです。ミケのとき、入院させてしまって、家で見送れなかったこととかも思い出してしまって。
家の中でも落ち着いて寝られるところを探しているようで、和室の奥で寝てみたり、玄関で寝てみたり、廊下で寝てみたり。廊下で寝ているな、と思っていると、だんだん居間の方へ移動していたり。
ほんとうにごつごつに痩せてしまい、腰骨があたって痛いだろうと、敷物も敷いてみたのですが、よろよろと立ち上がってすきなところへ行って倒れるように寝る、をくり返していました。

ここ数年、慢性腎不全がだんだん進行してしまい、かなり痩せてきてはいました。
食欲もあまりなく、最近は決まった食事(シェフのムース缶)しかしなくなってきていて、それも余り消化できているようではなかったのです。
ウンチもここ2年ほどはトイレでしなくなって、トイレの横にしちゃっていました。おしっこはトイレでするのに、不思議でした。

思えば最初は、浜名湖のサービスエリアで出会ったのでした。
狼君の実家で法事があるというので、行きに立ち寄ったのですが、野良猫の一族が何匹もいて、レストランの裏手で道行く人から食べ物をもらっているようでした。
そのなかに、風邪を引いた子猫がいて、気になっていたのでした。でも、これから法事なのに拾うわけにも行かず。翌日、帰りにもまた通るから、そのときいたら拾おうと決めて、その時は立ち去りました。
翌日、すっかり拾うつもりでタオルやご飯などを狼君実家近くのドラッグストアで買いそろえて、サービスエリアに行ったら、その風邪を引いた子猫だけがぽつんと小道の真ん中にいたのでした。まるで私たちを待っているかのようだった。小雨が降り出していました。
すぐに拾って、ご飯をやったらものすごい勢いで食べました。
家に帰る前に、獣医さんに預けたミケを迎えに行ったのですが、そのときに獣医さんに診ていただき、ノミ取りもしてもらい、うちの子になりました。ミケは激怒していました。でも、たまはまれにみる性格の良さで、殴られても怒られても全く気にしないのです。そんなたまだから、ミケと一緒でもすぐになじめたんだと思います。

育ってからは「究極の癒し系」と呼ばれ、ちょっとふとめでもったりしているところがチャームポイントでした。
猫風邪で結膜が癒着してしまったのは治らず、いつも涙目でした。猫風邪由来の鼻炎持ちでもあったので、においには余り反応しない子でした。
好物は干したイカで、他のにおいには普段反応しないのに、するめやサキイカのたぐいにはすぐ反応して、目を真っ黒にしてやってくるのでした。でも塩が強いからやれないので、困りました。かわりにイカ味の猫のおやつを探してやっていました。

18年もいっしょにいてくれたたま。
「たまはもったりさん もったりさんで もったりよ」と歌っていると来てくれたたま。
本当に悪さもせず、けんかもせず、チビタを育ててくれて、温厚で、いい猫でした。


Tama1
拾ってすぐのたま



1000032_img

拾った子猫の面倒を見るたま



もふられるたま



尻尾の長いたま



やせちゃってもがんばってたたま

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 06, 2017

T男やってくる

2017年5月31日、新規にまた猫を保護しました。
またかよ!とお思いの方もいらっしゃるでしょう…

今回の子は、昨年夏のTNR騒動の時、ご近所の方がTNRされたうちの1匹なのです。サトの弟にあたります。
TNR後、うちにも時々顔を見せていて、背中にTの時の模様があるからT男、と呼んでいました。
狼君のことがたいそう好きで、狼君の顔を見ると「おじやん!」と走って寄ってくるのであります。
最近はどこで過ごしているのかな、と思っていたのですが、ご近所の方がおっしゃるには、もともといたよそのお宅の屋根の上へ戻ってしまったとのこと。
最近顔を見せた時には、前脚をケガしていたのでした。それから2週間くらい顔を見せず、大変心配しました。
久しぶりに顔を見せた時には、前脚は治っていたようでしたが、狼君になついていることでもあるし…と、ほい、と捕まえて家に入れてみました。
わりとおとなしく捕まって、3日ほど「わぁ、わぁ」と鳴いていましたが、ミウが来た時よりもなんぼかおとなしかったです。
日々鳴き声も間遠になって、1週間くらいで落ち着きました。
病院にも行って、エイズも白血病もなし。ちょっと右目が涙目ですが、目薬で治していこうと思っています。
しゅっとした美男です。




これで10匹になってしまったのう。

現在、年齢順に言いますと
たま(18歳)さび



チビタ(10歳)きじ



チャー坊(8歳)茶白



グレ(6歳)グレー白



ハナ(6〜7歳?)アメショ白



トモ(6〜7歳?)キジ白



ミウ(5歳)きじ



カム(3歳)きじ



サト(3歳)白黒





T男(2歳)キジ白





となっております。
日々、たまのご飯くれ攻撃(嫌いなものは食べない…)とトイレ掃除に追われております。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 08, 2017

ガス熱源機を交換したよ

ガスの熱源機を新しくしました。
うちは床暖房と台所、洗面所の給湯、お風呂が一つのガスの給湯の機械で賄われているのですが、給湯と暖房が一つの機械の場合、熱源機と呼ぶようです。
ここに入居した時は東京ガスの機械がついていて、TESというシステムで保障されていました。
年間一万円ちょっと払うと、1年に1度点検に来てくれて、修理が発生しても無料で直してくれるというものです。
でも、機械を購入して15年経過したので、修理部品保持期間も切れるということで、一昨年このTESの保障が切れてしまったのです。
保障なしで使い続けるのも怖いし、もうそろそろ取り替え時なのかしら、と思っていたのです。
そしたら、うちのマンションの管理会社の系列のリフォーム会社から、安く取り替えますよという案内が届いたのです。
大規模マンションだとこういった場合、ある程度の数がまとまって交換になるので、団体割引があるのですが、うちはそんなに大規模なマンションじゃないので、それが適用できない。ということで、適用できない規模のマンションがいくつかまとまれば、お安くできるというプランだったのでした。
ただ、リンナイの機械になるので、TESのような点検・保障システムはありません。いくらか払って、保証期間を延長することはできるということでした。
そこで、リフォーム会社に連絡して、施工する業者さんに見に来てもらって、見積もっていただきました。
まあ、そんなものかなという値段だったので、交換していただくことに決めました。
どのくらいかというと、Mac Proが買えるくらいです。そのくらいなんですが、立派なお見積書とか来て、Mac買うときよりずっと重々しいのだった。そのくらい払う買い物って、本来そういう感じのものなのかもしれない、と思いました。

今まで一度も故障なく使えたのはラッキーだったらしいです。丈夫な子で、よく働いてくれていたのですね。TESのメンテナンスのおかげもあると思います。引き取られていくとき、お酒でもかけてやればよかった。

出してもらった型番でネット検索してみたら、10万くらい安くやるという業者さんもあったのですが、長く使うものだし、一見さんに頼むのも心もとない。だいたい見に来て型番出してくれたのは見に来てくれた業者さんです。安いから他所に頼むというのは失礼ですよね。
今まで使っていた機械は東京ガスのものだったので、今までメンテナンスしてくれていた東京ガスさんにも電話して聞いてみました。そしたら、やはり10万円ほど高くなってしまうということでした。TESはつけられるけど、10万は痛い。

で、先週、熱源機は交換され、リンナイの機械になりました。
また15年くらいは使いたいと思っています(その前に保証は切れちゃうけど)。
今度の機械はリモコンがしゃべるのでびっくりだ。今まではピーピーなってお知らせだったのが、「オフロガワキマシタ」とか言います。
無事使えて、満足していたのだった。

そして今日、東京ガスさんからチラシがポストに入っていました…
特別に団体割引適用で、熱源機を交換しますよ、相談会をやりますよというチラシだった…
値段一緒でエコジョーズなのだった(確かエコジョーズ、区から補助が出るのです)…
TESにも入れるので、15年保証なのだった…
ああ、俺のやることなんてこんなもんだ。とほー。あとひと月早ければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2017

27インチモニタ導入顛末記

そもそもは、27インチモニタが欲しいなぁと思っていたのであった。
それもカラーマネージメントがちゃんとできるヤツ。
でも、考えていたEIZOのColorEdgeは、15万位するのであった。
それでちょっとめげて、その野望は無意識下に押し込めていたのであったが、ある日Twitterで、おともだちのやもたん(http://www.iwashi.org)に、BenQという台湾のメーカーのモニタを勧めてもらったのであった。
SW2700PTというもの(http://www.benq.co.jp/product/monitor/sw2700pt/)である。
いいじゃんいいじゃん! IPSでAdobeRGB99%カバーで、ハードウェアキャリブレーションもできるし、手持ちの測色機i1にも対応してるし、遮光フードもついてくるんだよ!
というわけで30分ほど悩んだのだが(狼君にも相談した)、カッとなって買ってしまった。ヨドバシにはなかったのでアマゾンで。ヨドバシにあればヨドバシで買ったのに、ねえヨドバシさん。

で、モニタが到着したのであった。
その時までは今まで使っていたEIZOのFlexScanの24インチと置き換えようと思っていたのだが、ここでちょっと欲が出て、デュアルモニタにしたくなったのであった。正確に言うと、すでに液晶タブレットもつないでいたので、トリプルモニタである。
そこで泥沼にはまってしまったわたくし…
泥沼を書いているとすごく長くなってしまうので、結論を先に書きます。

うちはMacPro2013laterを使っています。これにはthunderbol/Mini DiplayPortが6つついています。
これに、1900*1200の24インチFlexScanと、液晶タブレット(ワコムCintiq13HD)と、2560*1440のBenq27インチを同時に接続するためには、
・1900*1200のFlexScan→Mini DiplayPort-DVIアダプタ(シングルリンク)
・液晶タブレット(ワコムCintiq13HD)→HDMIポート
・2560*1440のBenq SW2700PT→Apple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタ
で接続する必要があります。

●デュアルモニタならどうか
すでに1900*1200のFlexScanがMini DiplayPort-DVIアダプタ(シングルリンク)で接続されていたので、SW2700PTを付属のMini DisplayPortケーブルで繋いでやればよい。
ただし、これでは3つ目のHDMIの液晶タブレットは認識しません。

以下、泥沼を記録のために書いておきます。
読みたい人だけ読んで〜。

●SW2700PT到着!
喜んで組み立てて設置。組立といってもプラスドライバでねじ一個締めるだけ、絵図面の通りにはめていくだけなのでごく簡単です。
梱包をコンパクトにまとめるために、スタンド部分が別になっていると思ってもらって構いません。
遮光フードもごく簡単に取り付けできました。15分もかかりません。

で、MacProに繋いでみました。最初は何も考えずにMini DislayPortアダプタ(シングルリンク)で繋ぎました。もともとFlexScanがMini DislayPortアダプタ(シングルリンク)で、液晶タブレットがMini DislayPort-HDMIアダプタで繋いであったので、そこに繋ぎ足す形です。
そしたら、なんか解像度が低いんですよ。縦が1080しか出てない。
しかも、3台のうち2台(片方のモニタと液晶タブレット。液晶タブレットを殺すとモニタ2台認識する)しか認識しません。

●Appleのサイトを調べる
「MacPro モニタ 3台」で検索して、出てきたAppleのサイト(https://support.apple.com/ja-jp/HT202801)をよく読んでみました。そしたら、なんだか「アクティブ DVI アダプタが必要」とか書いてあるじゃないですか…
しかも、驚愕したのは、今まで液晶タブレットはMini DislayPort-HDMIアダプタで繋いでたんですが、MacProちゃんにはちゃんとHDMIポートがあったことがこの時になって発覚。おれはばかだ。
Mini DislayPort-HDMIアダプタを外してHDMIポートに繋いでみましたが状況改善せず。
サイトを熟読したのですが、3台繋ぎたい時や、1900*1200以上の解像度を出したい時にはアクティブ DVI アダプタ、つまりApple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタが必要というところまではわかりました。しかし、DVI接続したいモニタを全部Apple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタにしなければならないのか、それとも3台目だけをそうすればいいのかがわかりません。

●Appleサポートに電話
そこでサポートに電話して聞いてみました。
そしたら、自分の説明も悪かったのでしょうが、すでにサイトのページに書いてあることを延々と説明され、「そうじゃない」とか「それはもう知っている」とか「サイトは見た」などと言いながら45分ほど説明を繰り返し、最終的には3台目だけApple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタにすればよいという返事をもらいました。同時に、シングルリンクのアダプタでも、thunderboltの異なるバスに繋げば、3台認識するという返事でした。
で、とりあえず異なるバスに繋いだんですが、2台しか認識しません。
不審に思ったので、再びAppleに電話しました。
で、また説明したんですが、前回の経緯があって問い合わせ番号を発行してもらっていたにも関わらず、問題を把握してもらっていなくて、もう一度説明する羽目になりました(この時点でかなりおこ)。
接続したい機器のメーカーと型番を伝え、折り返しお電話いただきました。結局、シングルリンクのMini DislayPortアダプタでは、3台接続はできないということで、その情報は誤っていたということでした。また、3台目だけApple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタにすればよいというところは正しいということでした。

●Apple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタ発注
アダプタを発注して、疲れ果てていると、やもたんが「付属のMini DisplayPortけーぶるではだめなのん?」と聞いてくれました。
なんですと。それはなんだ。だいたい同じポートをthunderboltとかMini DiplayPortとかいうからわからなくなるのだ。ええい。
というわけで、そう言えば使っていなかったケーブルが1本あった、あれのことかと繋いでみました。おお。解像度が正しく出るではありませんか。おれはばかか。
でも、モニタは2台までしか認識しませんのは同じでした。
やはりApple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタは必要だったようです。

●Apple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタ到着
無事アダプタが到着したので、3台目を接続してみました。
Appleさんの説明通り、無事3台認識され、解像度も正しく表示されました! パチパチ! まあ、1日1晩ですんだので、長いようで短い道のりだった。

というのが顛末です。
なお、Apple Mini DisplayPort-Dual-Link DVIアダプタは、USBポートを一つ占拠しますので注意が必要です。これは給電のために必要なもののようで、外部からとる場合は給電型のハブからとらなくてはいけません。ただでさえ足りなくなるMacProのUSBポート、8つくらいつけといて欲しいです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 10, 2017

あけましておめでとうございます

皆さん、松も取れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
年末年始は風邪を引き込んでしまい、よろよろと過ごしておりました。
ピークは大晦日から元旦くらいだったでしょうか。

クリスマスは毎年恒例のトリを焼いたりして、美味しく過ごしたんですが、その後のどがちょっと痛いな〜などと思っていたらどんどん悪くなってしまい。



↑これが今年のトリ

そう言えば、10月ごろにも喉から風邪をひき、一月引っ張ってしまって、10/10に恩師の会社の100周年記念パーティーがあったので、それにはなんとか出席したのですけど、その後の会社見学はパスせざるを得なかったりということもありました。
12月の初めには、健康診断で飲んだバリウムが詰まってしまい、あまりの苦しさに総合病院の救急へ2回も行って、やっと出た時はほっと胸をなでおろしたものです。ちゃんと出るまでお酒飲んだりしてはいけないということです。おかげで胃カメラも飲みました。

まあ、風邪っぴきながらなんとか暮れの買い出しにも行き、恒例の天祖神社と妙法寺への初詣にも行き、お屠蘇もいただき、無事にお正月を過ごしました。
大晦日のお蕎麦買い出しは狼くんが行ってくれたので大変助かった。
年明けすぐ印刷所入れの仕事と、コンペ参加が1件あったので、元日からちょこちょこ仕事はしておりましたが。
やっと今日印刷所入れが終わったので一山越えたかと思われましたが、別件がけっこうタイトということがさっき判明し、ちょっと焦っております。できるのかどうかは編集部次第!自分はできることをやるまでであります。

お正月から顔を見せなかったベランダ組のシロさんとうずうずも今日顔を見せてくれたので一安心。

という感じで、今年もよろしくお願いいたします。
お仕事はいつでもお引き受けしております。
装丁、ブックデザイン、組版から、名刺や封筒などのステーショナリー、ロゴデザイン、パンフレットやフライヤー、案内状からハガキまで、なんでもご相談ください。
どうぞご贔屓に!




| | Comments (1) | TrackBack (0)

«TNRと白黒子