June 19, 2019

うずうず あごの腫れ物を切除する

機嫌のいいうずうずですが、5月の20日にちょっと手術をしました。

もともとあごに猫にきびが出やすいのでしたが、そのうち3つほどが腫れがひどくなってきて、触ると嫌がるのです。
お医者さんに連れて行って細胞診をしてもらったら、ちょっと気になる細胞が見えるので切除した方がいいでしょうと言うことで、切ってとってもらいました。
あごがブラックジャックのようになって帰ってきましたが、1週間経って抜糸の頃にはすっかりよくなって、さっぱりしました。
本人も満足そうです。

抜糸に行く前の晩、爪を切っていたら、両手の中指を触るのをとても嫌がります。
とにかく嫌がるので、抜糸の時に診てもらいました。

なんと両手の中指、爪がはがれていました。
そりゃ痛いはずだわ。
一体どこではがしたのかよく分かりません。
はがれて浮いていた爪はとってもらい、湿潤治療の当て物をしてテープで巻いてもらいました。
これがかなりイヤそうで、うちに帰ってしばらくして、勝手にむしってとってしまいました。

とってしまいましたが、無事に治りました。
あごもきれいに治りました。

ネコゲル係数はまたあがった…

| | Comments (0)

May 16, 2019

2019アドビ令和の変

先日からのAdobeCCの騒動について、ここで一度まとめておきます。

本当は正式なプレスリリースが出るのを待っていたのですが、騒動になってから1週間、いまだなんの音沙汰もないのです(うちは個人版ユーザー)。

俗に、日本では「#2019アドビ令和の変」と呼ばれている件です。

まず、Adobeから出ている公式文書としては以下の2つがあります。

一部のグループ版ユーザーにメールで知らされたリンク

↑このリンク、既に削除されているらしく、もう読むことができません。どういうことなんだ…(2019/6/19)

非認定バージョンの削除

アメリカでのCCのダウンロード規約が変わったことを知らせるリンク

そして、一部のネットニュースではすでにの件についての報道があります。
Adobeに取材しているものはこれでしょうか。
「事後報告すらない」──“Adobe CC”で旧バージョンDL廃止 アドビは理解求める

現象としては以下の通りです。
・Adobe CCでは、CS6以降の全てのバージョンが使えることを売りにしていたのに、突然ユーザーには連絡なく、あるバージョン以前がダウンロードできなくなった(ダウンロードできるバージョンについては揺れ動いている上に、個人版とグループ版で状況が違うので一概にコレとは言えません)。

大きな問題としては2つあります。
・Adobe CCでは、各アプリのバージョンに「非認定バージョン」と「認定バージョン」を設け、「非認定バージョン」は使用不可、もしインストールされている場合は削除せよ、使い続けると第三者から訴訟を起こされる可能性があると通告してきた(第三者に関しては明言されていない)。
・Adobe CCのポリシーを突然変更し、最新バージョンを含む2つのメジャーバージョンのみが使用できるとしている

この2つは全く別のことなのですが、突然一緒に発表され、CCのデスクトップアプリケーションから旧バージョンが選択できなくなったので、ごっちゃにされがちです。
また、前述しましたが、デスクトップアプリケーションから選択できるバージョンが、日によって変化しています。
さらに、デスクトップアプリケーションから選択できるバージョンと、グループ版で使用できるCreative Cloud Packagerから入手できるバージョンに違いが出てきています。具体的には、Creative Cloud Packagerからは認定バージョンを全部ダウンロードすることができます。

そして問題なのが、今回非認定バージョンになったCS6、使えないのはCCから提供される場合で、それ以前にパッケージ板でCS6を購入した人は使用する権利が生きています。
ですが、CCとCS6のパッケージ版は、同一環境では今まで共存できませんでした(Adobe IDによる管理の関係で)。
現在CS6をパッケージ版で再インストールした場合、アップデータが生きているかも不明です(サポートに問い合わせた結果、提供できないといわれたという報告が上がっています)。
本来、検証してから書くべきなのですが、一度削除してしまったが最後、二度とインストールできない可能性があるので、怖くて検証できません。

「非認定バージョン」ができる原因になったのは、Dolbyとのライセンス契約に起因するのではないかという観測があります。Illustratorに累が及んでいないことから、多分それでビンゴかと思います。
Adobe CC、旧バージョンのダウンロード提供を突如終了。ユーザーには旧バージョン削除促すメール送信

元文書を読んだ人のツイート

たいへんざっくりしたまとめなんですが、我々印刷に携わるDTP業界としては、旧バージョンが使えなくなるというのは大変困ることです。
なぜなら、バージョンをまたぐとドキュメントの再現性が損なわれる(つまり元の状態で開けなくなる)場合があるからです。
特にInDesignでは、組版エンジンがアップデートされるため、バージョンをまたいでの作業は厳禁とされています(過去にはマイナーバージョンアップでも修正が行われてしまい、マイナーバージョンまで固定を求められた(アップデートできない)場合がありました)。
そのため、大変な混乱が起きているのが現状です。
他業種の方からは「新しいバージョンを使えばいいのではないか」「古いバージョンでないと動けない業務フローに問題があるのではないか」といった指摘を受けますが、それは印刷というものを知らない発言かと思います。
書籍などでは、5〜10年前の書籍が一部修正の上再版といったことがよく行われます。
制作したときのバージョンで開かないと、修正していないところが動いてしまうため、「一部修正」が不可能になってしまうのです。
新しいバージョンで開いて作業した場合は、全ページにわたって変化が起きていないかを検版しなくてはならず、かかるコストと時間が大幅にアップします。
たった1ヶ所の修正のために300ページ検版とか、事実上困難なことです。しかも今までできていたのになぜ今日からできなくなった、とクライアントに言われたら、説得できる根拠を示さなくてはなりませんが、そのためのプレスリリースもない状態です。
最近になってやっと15年前くらいまで使われていたレイアウトソフト「QuarkXPress」環境からやっと脱却できたくらいです(会社によってはまだ扱える環境を残しているところもあります)。

また、メールでの通知などがなされていないため、今回の件に気付いていないユーザーも多数いるのではないかと思います。

Adobeのサービスを使う場合の条件として「アドビ一般利用条件」というものがあるのですが、その中には以下のような記述があります。

11.2 アドビによる終了 正当な理由以外によりアドビが本「条件」またはお客様の「サービス」の使用を終了する場合、アドビはお客様から提供いただいている電子メールアドレスを使って、少なくとも終了日の30日前までにお客様に通知するよう、相応の努力を行います。

努力はされているのでしょうか。大変疑問です。

追記:2019/6/19
その後、個人版とグループ版で、インストールできるバージョンに差が出るという現象が起きています。
個人版では直近2バージョンしかインストールできませんが、グループ版では「Creative Cloud Packager」という機能を利用して、いわゆる「認定バージョン」であればインストールできるのです。

個人版ユーザーでも、認定バージョンのインストーラは入手できないのか、Adobeに直接問い合わせてみましたが、Adobe内の各所に確認してもらった結果、「できない」というお返事をいただきました。
仕方がないので、ちょうど更新時期だったこともあり、うちでは個人版をグループ版に変更することにしました。年間費用で考えると倍近い出費になります。

Amazonなどのキャンペーンで、安い個人版を購入していたユーザーは、切り替えるわけにも行かず、たいへんショックが大きいのではと思っています。

なお、現時点で、当方にはポリシー変更に関する通知は、なにひとつ来ていません。

また、一部ユーザーに送られてきていたポリシー変更を知らせるリンクも、消されていると言う報告があります。

まだ予断を許さない状況ではあるかと思います。

| | Comments (0)

April 23, 2019

中村書体と筑紫書体

4/21、名古屋で行われた「中村書体と筑紫書体」セミナーへ行ってきました。

あの!写研の!ナールとゴナの開発者である中村征宏(なかむら ゆきひろ)さんのお話が聞けるのです。

中村さんは1942年生まれですが、今でも書体の開発と販売をされています。

中村書体室

発表される前と後では、日本の印刷物の表情がまるで変わってしまったといっていいほどエポックメイキングな書体である、モダン書体の雄、ナールとゴナ。

後追いの書体も写植時代からDTPの今になってもいろいろとでていますが、自分的にはナールとゴナの完成度を越えたものはないといっていいと思っています。

そんな中村さんのお話が聞ける!

行かねば!

ということで行ってきました。

 

一緒に、フォントワークスでがんがん書体を開発されている、筑紫書体の藤田重信さんのお話もあったのですが、ちょっとそこは割愛します。

すみません。大変面白いお話だったのですが、今回は中村さん中心にお送りします。

 

とはいえ、中村さんのセッション中は、作例が当時の新聞や雑誌などが多かったため、写真撮影はなしとのことだったので、印象に残ったことを中心に書いていきます。

まず、朝6時に起きて、猫に一通りごはんやって、猫トイレ掃除して、シーツとかけ布団カバー取り替えて、洗濯機1回まわして干して出かけました。イースター休暇のせいか、東京駅には外人さんの旅行客がとても多かったです。

10時の新幹線に乗って、無事名古屋へ到着。

考えてみたら、まるで一人で遠出というのはもしかしたら結婚して以来かもしれないのでした。

仕事で誰かと一緒とか、そういうのはもちろんあったのですが。

名古屋へ着いたら、山本屋のみそ煮込みうどんを買おうと思ったのですが、ちょっと迷いました。エスカに行こうと思ったのにメーチカへ行ってしまったのが敗因。

それで、栄に先に移動して、そこで無事購入しました。でも、生めんは持ち歩き3時間とのことで買えなかった。

会場に到着して、着席。

セッションがはじまる前に主催者の方が会場の人に聞いていてわかったのですが、セミナーは名古屋で開催だったのですが、名古屋以外から来た人が8割くらいいました。みんな中村さんに会いに来たのだと胸熱。

Img_3540

会場後ろには、中村さんの原字ラフ、原字そのもの、タイプフェイスデザインをはじめられる前のテレビのテロップのお仕事などがたくさん置かれていて、実に眼福でした。

Img_3541

Img_3542

Img_3543

ゴナは、中村さんが15歳で弟子入りした看板屋さんのお師匠さんの文字の骨格が元になっているとのことです。中村さんはお師匠さんの名前に、いまだに「様」をつけて呼ばれます。すごいなあ。

 中村さんは、看板屋さんで3年修業した後、別の看板装飾の会社に入られたり、印刷会社に入られたり、名古屋テレビのドラマやニュースのタイトルテロップのお仕事をされたりした後、いわゆる「版下屋さん」の会社に入られたそうです。当時は「フィニッシャー」とも呼ばれていましたね。

それで、1970年に写研が募集した第1回石井賞にナールで応募されたわけですが、作った理由が、写植の切り貼りで詰めるのが大変なので、詰めなくてもいい書体をつくったということでした。超わかる。とにかく詰めろ詰めろと言われるんですよね。でもその後に出た使用例では、詰めなくてもいいはずのナールは、さらに切り貼られて超詰められていました。

コンテストに入賞してから、書体デザインにお仕事を絞られ、2001年まで写研のお仕事をなさっていくわけですが、あくまでも外部デザイナーとしてであり、東京にはある銀行のお仕事のため3日ほど出張されたくらいしか行ってはいないとおっしゃっておられました。

ナールの「お」の点は横棒の下にあるのかという理由が、先に横棒を引いちゃったからあそこぐらいしかすき間がなかったということだったのですが、とてもおちゃめでよかった。ラフを描いたあとは横棒だけを先に描き、次に縦画、最後にアールと点などを描かれるのだそうです。

中村さんは文字を書く画材としてアニメカラーを使われていたそうです。消しゴムをかけても擦れないからとおっしゃっていた。乾くと耐水性になるしね。わかります。さすがフィニッシャーの知恵です。

中村さんはアールを描く時、雲形定規が使えるところは使ったけれど、使えないところはフリーハンドだそうです。フリーハンドで曲線を平行に同じ太さで引く すごすぎる

中村さんの文字の制作スピードに驚愕した。はっきり数字を覚えているのが、外枠を描いて中を塗ったあと、ホワイトではみ出しを修正する作業。5800文字に3ヶ月かかると。90日しかない。1日何文字直せるのか!

Img_3545

左:中村さん 右:藤田さん

懇親会で中村さんととてもたくさんお話しできて、どれだけナールやゴナのある紙面に憧れてて、ナールやゴナが使えて幸せだったか、DTPになって使えなくなって残念に思ってたか伝えられました。

など、いろいろと思い出すままに書き連ねましたが、とても幸せな時間を過ごしてまいりました。

行って本当によかったです。

| | Comments (0)

お伊勢さんまいり

3/29~30でお伊勢さんへお参りしてきました。

 

行きがけに、狼くんの故郷、豊橋によって、「菊宗」という古いお店で名物の菜飯田楽をいただきました。

思っていたより味が濃くて、お味噌が甘かった。

お豆腐が自家製なのでおからが出るらしく、「自由にお持ちください」と入り口にたくさん置いてあったです。

次に来たらぜんざいも食べたいなー。

01dengaku 

02kikusou

03kikusou

ヤマサでちくわを買ったのですが、宿に忘れてきてしまった。おおいたけん。

04yamasa

宿の太田屋さんでは、ものすごいご馳走攻めだったのですが、体調が今一つでたくさん食べられなかったのが心残りです。次回は体調万全で臨みたい。

前の日に飲み会があったので、頭痛と吐き気は二日酔いと思っていたのですが、実は偏頭痛だったっぽいのでした。早めに気がつくべきだった!

05dinner

06dinner

07dinner

お伊勢さんでは、去年のお札も返して、新しいお札ももらってきました。春に行くのも、桜がちょうど見頃で大変趣があるものですね。

08ise

09ise

11ise

12ise

赤福ぜんざいを食べて帰ってきました。

13akahuku

おはらい町通りやおかげ横丁は、古い建物をよく残していて感心します。

おはらい町通りに行くときはいつもお腹がいっぱいで悔しいので、次回はお腹を空かしていきたいです。

つばめがたくさんきて鳴き交わしていた。恋の季節なのかなー

10swallow

今回の旅でちょっと驚いたのが、外人さん遭遇率が低かったこと。宿でも会わなかった(お客さんも従業員の人も皆日本人だった)し、行き帰りに寄ったコンビニの店員さんも日本人のみだった。土地柄?

(お伊勢さんにはもちろん各国の方がいらしていました)

| | Comments (0)

February 16, 2019

うずうずとT男病院へ行く

保護されたうずうずですが、前回お伝えしたように、腎臓がかなり痛んでいて貧血だったため、エリスロポエチン製剤の注射に毎週通っていました。
抜歯後も口内炎の炎症を抑えるため、ステロイドも使っていました。
とりあえず注射は済みましたが、結果は1月後の採血でわかります。
本猫はすっかりうちにも馴染みゴロンゴロンあしながらご機嫌ですが、T男と揉めています。
2人ともメンチ切って突っかかるのはやめて。
メンチさえ切らなければ、至近距離でくつろいだりしてるのですが。
時々殴りっこしていますが、まあ尻尾ボンボンとか流血沙汰ではないので、様子見です。
うずは腎臓が悪いとて、なるべく腎臓ごはんを食べさすことになってるのですが、n口が痛かったのでウェットをミルサーでペースト状にしてやっています。
やるときには「うずごはんの歌」を歌いながらやっています。
「ヘイうず、うずごはん、ヘイうずごはん(ママギターの節で)」

とかやっていたら、T男が激しくトイレへ行くのを見つけました。
気づいたのは夜中だったのですが、トイレから出て30秒もしないうちにまたトイレでがんばっています。
これは膀胱炎!
というわけで朝を待って即お医者へ連行。エコーで診てもらいました。
そしたら、膀胱炎は膀胱炎だったのですが、ストルバイトの膀胱結石でした。
がーん。
まあ、溶ける石でよかった…
というわけでコンベニアという抗生物質の注射をして、消炎鎮痛剤と、石を溶かすためのメサジルという舐める薬が出ました。
3日ほど消炎鎮痛剤を飲ませたのですがはかばかしくないので、ステロイドに切り替えたらトイレ通いは良くなりました。
最初に連れていったのが先週の土曜なので、来週の土曜くらいにもう一度連れていって終わりかな。

しかしそんなこんなでこの1月にかかった猫病院代はちょっとくらっとくる金額になってしまったわ…
またネコゲル係数が上がるわ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2019

うずうずを保護する

うちにここ5~6年ほど通って来ていた、通称うずうず。
アメショミックスで、渦巻き柄の模様があるためそのように呼ばれている猫でした。
3年ほど前、うちでTNRしてやったのですが、なわばり争いに勝ったり負けたりして、ふと1年ほど来なかったり、また来るようになったりしていました。
もともと結膜炎がひどくて、それも気にはなっていたのですが、ときどきさっぱりした顔で来ることがあり、別宅があるのかなと思っていたのです。
うちに来ない間もご飯はもらえているようだったし。

Img_3378

それが、年明けくらいから、だんだん来る頻度が増えてきました。
去年の夏ごろは1日1回程度だったのに、1日4回くらい来ます。
それも、9時・12時・4時・夜中と、時計で計ったように来る。
こちらが気がつかないでいると、1時間でも待っています。
「待てる男」というあだ名がつきました。

これは別宅が無くなってしまったのかもしれない…
じゃあうちへいれてやるか…
グレの場所も空いているし…

というわけで、保護した次第です。

Img_3397

ちょっとノミがいましたので丸洗い。
ちょっと障子を外したり、爪を痛めたりしましたが、トイレの失敗もなく、1週間でごろんごろんハラモフ猫になりました。

Img_3415

Img_3421

結膜炎は毎日の点眼で大分改善されました。
この写真は保護してすぐのころなのでまだ目がしょぼしょぼしています。
今は大分ぱっちりさんになってきました。出っ放しだった瞬膜も引っ込みました。

しかし、口内環境がかなり悪く、痛みのためものが食べにくそうです。
奥歯なんか、歯石で歯が覆われてしまっています。

というわけで、抜歯してもらいました。
犬歯は一本途中で折れていて、ばい菌が入っていたので抜きました。
早めに気がついてよかった。
奥歯はほぼ全て抜歯になりました。
これでご飯が食べやすくなるといいな。
口内の奥、左右にかなりただれが見られますが、抗生物質の投与で改善されてきているみたいです。
もう食べた後首を振ったり、前脚で口をこすったりすることはなくなりました。

抜歯時にしてもらった血液検査で分かったのですが、腎不全がちょっと進んでしまっています。
多飲多尿なのでそうではないかと思ってはいたのですが、貧血も出ているようなので、エリスロポエチン製剤を注射してもらう(一週間に1回×4)ことになりました。

かなり短足ですが、気のいいオヤジです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2019

頚椎性神経根症で神経ブロック注射

暮れから肩が痛いので、整形外科にいこうと思った年明け。
今年は休日の関係で、1/4の金曜日をお休みにして1/7始まりのところが多かった。
整形外科もご他聞に漏れずそうだったので、痛いなあと思いながら我慢してたのだった。
ずきずき痛いというのとは違うんだけど、肩甲骨の内側から、肩を回ってひじの方まで、ジミーに痛いのである。
特にセーターなど脱ごうとして腕を後ろへ回すと痛い。
だんだんひじの先がしびれて来た感もあった。

いざ1/7、整形外科へ行って症状を訴えたら、先生は「こうすると痛いですか?腕は上がりますか?」などいくつか質問をし、あたりが付いたようで「レントゲンとって確定させましょう」とレントゲン室送りに。
で、結局、「頚椎性神経根症」というものでした。
単なる五十肩(肩関節周囲炎)だろうと思っていたのだったが大ハズレ。がーん。

頚椎性神経根症とは、頚椎の骨に加齢のため骨棘ができてしまい、それが刺激して神経が炎症を起こして痛むというものです。頚椎には7つ骨がありますが、自分の場合は5番が怪しい。
とりあえず薬で様子見ということで、ハイペンとリリカをもらって帰りました。

それで1週間様子を見たのですが、どうにもはかばかしくないので、再度整形外科へ。
今度は神経ブロック注射をしてもらいました。
エコーで見ながら、頚椎5番から注射で薬(炎症を押さえる薬と水、少量のキシロカイン)を入れていきます。
これが痛いんだな!
今まででしてもらった注射のうち、一番時間が長かったのですが、薬が左上腕に入ってくる感じがすごくよく分かる。そしてその間、痛い。
「あだだだだ」と声が出ちゃったら、先生が「ごめんなさいねー」とおっしゃいました。

痛かったけど効きました。一発で治った。
原因の骨のトゲはあるわけだから、ぶりかえすのでは?とお尋ねしたら、炎症が治っちゃえば大丈夫!そのくらいの歳になれば誰でもトゲの一つや2つあるものです、というお話でした。

注射から1週間ほど経ちますが、痛みはすっかり治まりました。
ちょっとしびれっぽいところが残っているカモくらいです。
注射直後からすごく楽になっています。

腱鞘炎のときも注射一発で治ったし、整形外科の注射は効くなあ。
毎度痛いけど(でも歯医者よりは怖くない)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2019

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

本年も、無事にお正月を過ごしました。
暮れの27日に打合せをして、年末年始にやる仕事が決まったのでさほどゆっくりもできなかったのですが、それでも普段よりはゆとりのある感じでしたので比較的楽をさせていただきました。

29日には友人と大森まででかけてインド映画を見ました。「神の結び合わせた二人」という映画がたいへんよかったです。日本語字幕版のブルーレイ出ないかなあ(英語字幕ならitunesにあるのだけど)。
30日には買い出し、31日はてんぷらを買いに行ったりお重箱に詰めたり。
つな八とてんやで、てんぷらを売り出すことがわかったので、適宜利用していこうと思っています。
元日は自宅で映画三昧にて過ごしました。
実は暮れに、ケーブルテレビでアベンジャーズのウルトロンとキャプテン・アメリカのシビル・ウォーをやっており、中途半端にみてしまったので欲求不満となり、元日から二日にかけてアベンジャーズ漬けになっていたのです。
このあたりおさえておけばいいのか?的なところを6~7本ほど見たでしょうか。最後はインフィニティを見たので、きっと春公開の続きを見に行っちゃいます。
私はアイアンマンのチャラいところも結構好きですが、夫はソーがいいらしい。ムジョルニア欲しいよね!

二日は吉例につき近所の神社と妙法寺へ初詣で。
お屠蘇もいただき、帰りには門前のお茶屋さん、遊水さんであわぜんざいをいただきました。
Img_3386

今年もよろしくお願いいたします!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2018

InDesign上でのギリシャ文字のおかしなふるまい

この記事は、DTP Advent Calendar 2018の23日目の記事です。

以前に掲載した記事をブラッシュアップして再掲載します。

前提:InDesign CC2017でのできごとであるが、CC2015でも確認できているので、多分CC以降は同じふるまいをするのではないかと推測される。
顧客は、ギリシャ文字にある欧文のOpenTypeフォントを割り当てたいと思い、合成フォントで特例文字セットを使って割り当てたのだった。
すると、ギリシャ文字は欧文フォントが割り当てられているにも関わらず、文字クラスとしては和文として扱われ、欧文との間に和欧文間のアキが適用されてしまうのである。
和文との間には(和欧文間のアキが発生して欲しいのに)アキは発生しない。
なんとかギリシャ文字を欧文として操作したい、というのが相談内容であった。
この後いろいろ検証したのだが、いろいろの内容は迂遠なので省く。
結論として、ギリシャ文字を欧文として操作することは可能であった。
合成フォントを使わず、正規表現スタイルで、ギリシャ文字に欧文フォントを割り当ててやればいいのである。
そうすると、ギリシャ文字の文字クラスは欧文として扱われ、和欧文間のアキも発生する。

検証の手順を以下に記す。
1. まず、特例文字にギリシャ文字を指定した合成フォントを作成した。

20181222_133000


20181222_133011


2. 次に、段落スタイルを作成し、正規表現スタイルで、ギリシャ文字に同じ欧文フォントを指定した。

20181222_133513

20181222_133906


3. それぞれを割り当てた結果が以下である。
和欧文間のアキが異なっていることが確認できる。

20181228_182447


なぜ合成フォントで特例文字を割り当てると和文として扱われるようになるのかはわからない。
見た目は同じ欧文フォントが自動的に割り当てられるのだが、やり方によって文字クラスが変わる、というのが結論である。

※追記:ものかのさんからコメントいただきました。合成フォントで特例文字として追加したものの文字クラスが、文字組アキ量設定で「上記以外の和字」として扱われることがおおもとの原因だと考えてよいようです。
うまく使えばうまく使える的な?うーん。そして、この現象はキリル文字でも起きるようです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 27, 2018

グレが亡くなりました

グレ君が亡くなりました。
まだ9つでした。

グレ君は、2009年に、近所の桃園川緑道から拾ってきた子でした。
拾った時の記事はこちらです。

グレ君やって来る

一族で緑道に住んでいたのですが、グレ君を拾ってからしばらくして、一族は見あたらなくなってしまいました。

育ててくれたチャー坊と仲良しで、しょっちゅう一緒にいました。
Img_2112


この夏の終わり頃から急に痩せてきて、おかしいなと思ってはいたのです。
しかし、グレ君は、なでることはできるのですが保定が難しい子なので、病院に連れて行くことができないでいました。
なるべく栄養価の高い食事を与えて様子を見ていたのですが、どんどん食欲もなくなってきたようで、一日寝てばかりの日が続きました。
Img_32281

物陰で寝てばかり、歩き方もふらついているみたいだし、いよいよ具合が悪そうなので、9/21の金曜日に、思い切って確保して病院へ連れて行きました。
弱っていたので思ったより簡単に確保でき、キャリーに入れる時もそれほど抵抗しませんでした。

捕まえにくいのを連れて来られたので、チャンスと思ってレントゲン、血液検査、全身エコーと一通りやっていただきました。
結果、熱が40度あり、肺に影があるで肺炎か、また胆嚢もおかしいようだとの見立てで、抗生物質の注射と熱冷ましをもらって帰ってきました。
食事がとれないようだったら、月曜日に補液に連れてきてくださいとのことでした。

月曜日まで様子を見ましたが、相変わらず食欲は出ず、いいゴハンをやってもジュレ部分をなめる程度しか食べません。
それで、もう一度確保して、病院へ行きました。
で、レントゲンを取り直して、血液検査も再度やっていただいたのですが、肺の状態は改善しているのに白血球数が悪化していました。
別の抗生物質を使って見るかステロイドかというところで、投薬が家だとできないので、入院させて帰ってきました。

火曜日にお見舞いに行ったところ、先生は血液の塗抹標本を作って検査してくださっていて、どうも増えている白血球の様子からみて、骨髄に何かおきている可能性が大きいとのお見立てでした。
最悪、急性骨髄性白血病かもしれないということで、木曜日に骨髄穿刺をして調べてみようということになりました。

水曜日は病院がお休みなので、お見舞いには行けませんでした。

そして木曜日の朝。
先生から8時過ぎにお電話がかかってきて、朝様子を見に行ったら亡くなっていたとのことでした。

グレ君は、自分から主張するということをあまりしない子で、いつもチャー坊と一緒、チャー坊がご飯もらうと「ぼくも…」とやって来るという感じの子でした。
上目遣いの目つきが特徴的で、銀魂の銀さんがやる気のない時の目つきに似ているので、うちでは「グレがまた銀さんの目をしている」とよく言っていました。

銀さんの目
Img_21701

こたつのそばでしかなでさせてくれなかったけれど、テレビを見ながらこたつのあたりでくつろいでいると「なでてちょうだい」とやってくるのが常でした。

グレよ、ちょっと早かったけど、さよならです。またいつか会おうね。Img_20821


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«InDesignでSymbolが指定できない