« August 2022 | Main | January 2023 »

September 2022

September 11, 2022

ブログデザインなどを直す

このブログ、設置してからずっと同じデザインでやってきたのだが、いかんせん時間が経っていろいろ気になるところが出てきた。

たぶんテンプレートの問題だと思うのだが、横幅がレスポンシブルじゃない感じで、モニターで見ると狭い感がある。

あと、httpsじゃないのでGoogleとかで検索してもひっかかってこない。

さらに、昔に設置したブログ内検索がちゃんと動いていない。

どうも2019年ごろ、ココログがリニューアルしたらしく(あまり気にしていなかった)、その頃からhttpsにすることもできるようになっていたようだ。

なので、いろいろ設定を変えた。

前のテンプレートは渋くて気に入っていたのだけど、今のココログにはその設定はもうなくなっていたので選べなかった。

一番気になっていたブログ内検索は、この記事のおかげでちゃんと動くようになった。

ココログ用全文検索 - ココログ最強検索を jQuery を使って作り直してみた(既知の不具合の幾つかに対応)

やはりたまにはいろいろチェックしないとダメだな、と思いました。

September 10, 2022

50代の友人が立て続けに3人亡くなる

最初に、子羊丸焼きの会の肝煎の一人だったF田さんが、突然亡くなった。

お昼に自分の家庭菜園で初めてとれたトウモロコシがおいしいというtweetをしていたのに、夜ご飯を食べてお床に入って、そして起きてこなかったということだった。

ものすごく顔の広い人だった。
そしてとても人望のある人だった。
仕事もとてもいい仕事をなさっていた。

いつか一緒にお仕事するのを楽しみにしていたのに…

その2週間後くらいに、DTP仲間でデザイン事務所を経営していたオウジ(仇名)が突然亡くなった

土曜日に出かけた先で突然だったらしく、親族の方も会社関係の人と連絡をとるのに苦労されて、月曜にやっと連絡がついたらしい

そこから残された社員(というか、この子たちもDTP仲間)が驚き悲しみつつ、引き継ぎもままならない業務を回しながら、関係各所に連絡をし、相談をし、今後のことを決めて行ったものと思います。

オウジは明るくおちゃめでパワフルで、やはり人望も厚く、周りをぱっと希望に溢れさせる感じの人だった。
会社は残された社員二人ががんばって行くということなので陰ながら応援して行きたいと思っています。
自分ごときに何ができるかさっぱりわからないけれど…

そしてそんなことでびっくりしていたところへ、FBでクライアントつながりの知人がふと言っていたことが気になって連絡してみた。
そうしたら、もう30年以上のおつきあいになるクライアントにいらっしゃって、最近退社されて声楽家への道を歩まれていた方が、7月の終わりに突然亡くなっていたことがわかった。

彼が入社したころから知っているだけに驚愕した。
まだ52歳の若さだった…
こんなことなら、何回か案内をいただいていたコンサート、無理をしてでも行っておけば良かったと思ったがもう遅い。
落ち着いた着実な仕事をなさる方であった。
ご本人の携帯はわかっていたけど、かけても通じるかどうか不安だったのでご自宅にお手紙を出したところ、お兄さまからお電話があった。
お花をお母様宛にお送りしました。

年をとると訃報は多くなると言うけれど、自分と同世代や年下がいきなり亡くなってしまうのは辛いですね…

September 06, 2022

家電次々に壊れる

●冷蔵庫(日立R-HWS47K)

うちの冷蔵庫、ときどき冷凍庫が機能を突然停止して、全てのものが融けてしまうという現象が起きていたのである。これを当家では「全融け」と呼称している。

買って2年くらいなんだけど、4回くらい起きている。

実は購入してすぐ、2週間くらいで最初の全融けが起きていたのである。

きちんと閉めなかったからか?など、いろいろ疑ってみたのだが、再現できないのである… 再現できないと修理頼みづらいよね(トラブルには再現できる条件が確定されていることが必要だというIT脳なのである)

このとき、冷蔵庫は普通に動作している。

何しろなぜ起きるのかがつかめないので、修理を呼ぶのをためらううちにまた全融け…忘れた頃にまた…

とかやっているうちに、8月初旬また全融けが発生した。

氷を出そうとして引き出しを開けると、全てが水となってざんぶりしているのですよ。下の引き出しにも漏れちゃっているから、開封して使いかけのものはすべて廃棄です。そうでなくても融けちゃダメだろう的なものは廃棄。とほほ。

もう、遠慮している場合ではないのではと、日立に修理を依頼しました。

依頼して、1週間くらいで日立の人が様子を見にやってきました。

 

それでおっしゃるには

「ぱっと見おかしいところはないし、ユーザーの不注意で全融けが発生するということはまずない(冷凍庫の引き出し開けっ放しで放置くらいしないとならない)。

この冷蔵庫の場合、冷蔵と冷凍の回路が分かれているので、冷凍が全融けしてても冷蔵庫は普通に動いていておかしくない。

冷凍庫のプログラムをリセットする(内蔵コンピュータのデータを初期値に上書きする)ので、道具とデータを持って出直してきます。

現状のデータはバックアップをとって、社内に持ち帰って分析します」

 

ということで、翌日再訪されました(素早い)。

「冷蔵庫を前に引き出して、横から背面にアクセスしますので、横を空けといてください」といわれていたので、ゴミ入れとか置いてあったのを全部退避してお掃除しておいたです。

 

なにかいろいろされております。背面からだけでなく、扉を開けて中からも何かされています。

どうもファームウェアから書き直しているらしい様子です。

ファームウェアを上書きした後何かあったようですが、会社と電話でやり取りして無事解決できたらしい(ちょっと焦っていらした)。

それでちょっと驚いたんだけど、これは多分日立側の責任なので、修理代は要りませんといってお帰りになった。

なんかレアな故障だったのだろうか。

分析して原因がわかったらお知らせしますといっておられたが、まだご報告はない。

ちょっと気になっています。

その後は元気に動いていて、全融けは発生していない、というかなんかよく冷えるようになったような気がする…(多分気のせいだと思うけど)。

 

●テレビ

うちのテレビは、2017年12月購入の、Sharpのアクオス、LC-40U45という機種です。

それが8月の中ごろ、突如リモコン操作を受け付けなくなりました

本体側でしか操作できないのだけど、本体側には電源スイッチくらいしかないから、実質電源オンオフしかできない

他のリモコン(JCOMのセットトップボックス用のヤツとか)でも反応しないので、リモコンの故障でなく本体側の故障と判断しました。

早速修理を呼びます。

ヨドバシの延長5年保証に入っていたので、ぎりぎり無償修理できました。

本体側から電源オンオフなどしてみると(まあそれしかできないのね)、生き返ったり死んだりしていたのだけど、、6時間ほど経ってカンペキに死にました(電源も入らなくなる)。

修理がくるまで4日ほどあったので、その間の穴埋めに、とりあえずHDMI接続のモニタ(ACERの15,000くらいの)を買ってJCOMのチューナーに繋いでその場をしのぎました。

結論としてはテレビが見たかったらテレビを買おう!と思いました。

モニタにチューナーから出力して見るのはなんつか、操作的にツライです。

で、4日後に修理の人が来て、受光部分のパーツを全取っ換えして行った

電源入らない問題も、そのパーツの故障ということで説明できるのだそうです。

その後は問題なく復活しております。

 

●エアコン

富士通ゼネラルのAS-J56E2Wという機種です。買ったのは2015年くらいだったかな?もう保証は切れています。

これも8月のある日、狼君が大きな声を出したのでびっくりしてみると、突如室内機から水がボタボタッとこぼれているのです。

とりあえずバケツを持ってきて受けて、一度運転を止めました。

すぐに修理をネットで申し込みました。

申し込んでからちょっと調べたら、ドレーンパイプが詰まりかけると逆流して室内機から水が出ることがあると富士通ゼネラルのサイトに書いてありました。

これか?と思って、ドレーンパイプの先につけてある虫よけを外してみたら、なんかゲル状のどろりとした汚れとともにダーッと水が出てきました。虫よけもその汚れで詰まりかけていたのできれいに洗って付け直し。

おそるおそる電源を入れると無事…?に動き出した模様です。

そんなこんなしていると、富士通ゼネラルさんから折り返しのお電話かかってきました。

これこれと状況を説明すると、やはりドレーンパイプの詰まりが主因であろうということでした。それでも修理の人を呼びますか?と聞かれました。

ちょっと考えたけど、見えない部分に詰まりが残っていたりしないか心配なので来てもらうことにしました。

エアコンはさすがに生活に関わるからか、翌日午後に修理の方が来てくれました。

それで、サクションポンプというもので詰まりを掃除してくれました。やっぱりまだちょっと詰まってるということでした。

詰まりを通してから「ペットボトルか何かありますか?水を入れてみたいのですが」ということで2リットルのペットボトルに水を入れて渡すと、室内機のはじっこから流して様子を見ていらっしゃいました。

それで、問題ないということで解決です。

本体内にも1リットルほどはいる水受けがあるんだそうですが、詰まって逆流して容量を超えると、室内側から漏れてくるのだそうです。

サクションポンプは一つあったほうがいいですよと進言してもらったので、さっそく島忠で買ってきました。これで他のとこが詰まっても安心ですね。

そしていつ詰まるかわからないので(つまりいつ室内機から水が漏れるかわからないので)室内機の直下に電子機器などは置かないほうがいいね… と思いました…

« August 2022 | Main | January 2023 »

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ