« September 2022 | Main | May 2023 »

January 2023

January 09, 2023

MacStudioちゃんをラックマウントする

机の上にひとまず設置したMacStudioちゃんであったが、ホコリ吸い込み問題など考えると、やはり机直置きではなく吊り下げ型収納をしたい。

ということで、こちらを購入した。

79c8d2be45a5452f880f3859f1b2af49 1e5a0d547c024141bc9ac930ba3b993d

ちょうどキャンペーン中で、1000円引きのクーポンがついていたのである。

これは木材などでできた机に木ねじで取り付けることを前提にしているものだけど、そのための穴が開けられているから、その穴を使ってエレクターに針金でくくりつけちゃえばいいかな、と思ったのでした。

素早く届いたので、狼くんに見せて「こうしようと思っている」と説明したところ、
「針金は耐久性がなく、切れて落下する恐れがあるから、ボルトとナットで止めたほうがいい。こういうの
もし上面をできるだけ平らにしたいのだったら皿ネジを使うといい」

D50fd604e82d4f5f8a31df4859332edb
ボルトとナットはこんな感じのやつ
届いたものの穴に合うのはM4だった


と助言してもらったので、ホームセンターへ行ってこのようなものを買ってきた。

Ae08e3ca7d7041b7837b066e46fa1c34

ステンの皿ネジM4、穴の空いたスチール板、防震のためのゴム板(シールがついていて色々なところに貼れるようになっている)、幅の広いワッシャー、フリンジナット(これは結局使わなかった)。

フレームの天板と穴の空いたスチール板を皿ネジで挟んで止める、というのが基本方針だが、ホームセンターには天板を持って行って穴の位置が合うスチール板を探した。
スチール板の穴の大きさの方が天板の穴より大きいので、すっぽ抜けないように幅の広いワッシャーを購入した。
また、スチール板にゴム板を貼って、もし何かで振動するようなことがあってもがたつかないようにした(でも、よく考えたらSSDなので、 HDDほどがたつきに配慮しなくてもよかったかな)。
このゴム板は、エレクタ側にある段差を埋めるのにも役立ったので買っておいてよかった。

この後いろいろやっていて、買ってきたネジの脚が長すぎてMacStudioをマウントしようとするとバッティングする問題が勃発したりしたので、同じことをやってみようと思っている人は、ネジの長さは30〜15の間をいくつか買っておいた方がいいかもしれない。

で、かなりいい感じでつけることができた。
これで冷却も問題ないと思う。

483e5052d796421e8e3e4ea8d1d1ba20
ちょっと前面にはみ出るけれども、これはスーパーエレクターの構造上これ以上奥へ設置できないので、まあいいことにする。

というわけで、木ねじが効かないラックにつけたい場合の一例としてご紹介することにする。

January 04, 2023

MacStudio導入記

●MacStudioを買ってしまったのです

MacStudioを買ってしまったのであります。

というのも、MacOSが毎年バージョンアップするようになって、202210月にはVenturaになったわけなんですが、これがあまり評判が良くないのですね。

M1Macと呼ばれているAppleシリコン搭載型のMacは、今までのIntel機とは違って、モデルが変更されていなくても、出荷時のOSからダウングレードすることができないようになっています。これはユーザーからは触れない領域にそういった情報が書き込まれているので、どうしようもありません。外部デバイスからのブートもできないようになっているので、ほんとうにどうしようもないのです。

それで、Monterey搭載機がいいなとは思っていたのですが、どうやら皆さん同じ考えのようで、Monterey搭載の整備品が出るとすごい早さで売れてしまっているのです。

うーん。

MacStudioならなんでもいいというわけではなく、4~5年は使いたいので、メモリ64Gは譲れない。アプリケーションも容量が年々増しているので、SSDは2T欲しいところです。

どんなもんなんだ…とリサーチしていたら、じゃんぱらにちょうどそういうスペックで、新品・Monterey搭載という商品が出ていました。

早速購入申し込みをしながら、お店(大阪店でした)に問い合わせます。

そうしたら、新品であるがゆえに開封していない、そのためMontereyであるかどうかは確約できない…ということでした。シリアル番号を教えてもらえないかと頼んでみたのですが、販売前の商品のシリアルは教えられないとのことです。考えてみれば当たり前ですね。しかたないので、これはあきらめました。

あきらめたんですが、あきらめきれずにネットの海をさまよっていたところ、同じじゃんぱらのYahoo!店に、ほぼ同じスペックの中古が出ていました。もちろんMonterey搭載機です。これはラッキーかもしれない。

早速問い合わせてみると、こちらは中古ですから確実にMontereyですというお話です。

15分くらい逡巡しましたが、先の新品を買おうと決めたときに散々悩んでしまったので、もうあまり悩まず「あるのなら買おうじゃないか」と購入しました。

Yahoo!店だったので、PayPayカードを使うと大分ポイントが戻ってきてお得な感じです。

 

●今のiMacProちゃんはどうするの

これがちょうどクリスマスごろのお話だったのです。

それで問題になるのが、今使っているメイン機、iMacPro(2017)をどうするか、ですね。

最初は売って資金の足しにしようかとも思ったのですが、購入時にかなりメモリをおごったこともあり、まだ十分使えるスペックです。

それで、サブ機としておいておくことにしました。

すると、置いておく場所をどうにかしなければなりません。

どうにかしようじゃないか…

 

●置く場所を作ろう

それで、机の横に置いてあったガラスの飾り棚を部屋の隅に移動させ、そのあたりを片づけて、一つ大きめのラックを設置することにしました。

そしてエレクタに置いてあった書類や資料などをラックにしまって、あいたところへiMacProをVESA化してモニタアームにつけて設置する、という段取りを考えました。ついでに物置化していた作業テーブルも使えるようにしよう。

iMacProは脚の関係で高さが出てしまうため、エレクタにはしまえないでいたのですが、VESA化してしまえば入れられます。

このへん、どういう順番でどうする、というのがパズルの「箱入り娘」的なところがあって(狭いから)、知恵熱出そうでした。

 

●VESA化するじゃん

VESA化するにあたり、VESAマウントキットが必要だったのですが、Apple純正のものはもう手に入らないだろうと思っていました。物として販売はされていたのですが、Appleのサイトではもう販売終了です。

ヨドバシやビックカメラでも販売されていた形跡はありますが、もう数年前に販売終了となっています。

と、ケーズデンキに在庫があるという表示を見つけました。

「えっほんと?」と思いながら、これがほんとうにあるとすごいラッキーです。

素早く購入の手続きをします。

来るまで、ほんとうは手違いでもうとっくにないのに「あるよ」って表示だけしちゃってたゴメンね、って言われるんじゃないかと思っていたんですが、本当に翌日新品が届きました
すごいケーズデンキ!えらいケーズデンキ!

Img_4794

●ラックとモニタアームも届く

ラックは幅や奥行きを悩んだ結果、山善の突っ張りフリーラック、60cm幅にしました。

奥行きが25cmで圧迫感がないのがいいです。

モニタアームも注文しました。いよいよあとは肉体労働ですね。

 

●12/28

仕事納めも終わり、年内作業はほぼ終了という感じにできました。

暮れの銀行周りとか、お正月のハムをお肉屋さんに買いに行くとか(中野の島忠の横にあるお肉やさんのハムがおいしいので、これに決めています)、腰痛のリハビリに整形外科に行くとかの外出ミッションをすませて、午後3時頃から片づけを始めました。

いつか使うこともあるかととってあった封筒や、用のすんだ色校正のたぐいを確認しながら捨てていきます。

新品の封筒やフォルダのたぐいが部屋の2か所に分散していたので、場所をまとめます。

ガラスの飾り棚は中身を一度全部出してきれいに拭き、移動させて中身を戻します。

もう使わないだろうというものも入っていたので、捨てるものは捨てます。

といったあたりでこの日は終了。

iMacProのVESAマウントキットはこの日に届きました。

 

●12/29

朝ご飯を食べてから、暮れの買い物に出かけたので、作業はやはり午後3時頃からになりました。

ちょうどこの日、山善のラックとモニタアームが届きました。

早速ラックを組み立てます。上下のパーツを組み合わせるのに、木づち的なハンマーが必要でした。

横に寝かせなければならなかったので、2メートル×60センチの場所を確保しなければならず、それが一番大変だったかな…

場所を確保したあとはひたすら六角レンチでねじ締め地獄。数年前から手首がちょっとダメなので、これが一番辛かった。

もう必死でねじを締めまくり、何とかラックを設置しました。この日はこれで終了。

Img_4792

Img_4789

Img_4790

Img_4793

●12/30

作業は比較的早く、午後1時過ぎからかかれたですね。

作業テーブルの上とエレクタの上にある資料や書類を整理して、ラックへ格納していきました。

バラの紙類や、単にフォルダに投げ込んでいた紙類を確認して、捨てるものは捨て、残すものはフォルダにちゃんと見出しタブを付けてしまっていきました。

こういうのが一番時間も手間もかかるんですよね。

紙の資料でまとまっているもの、一度は全部捨てようかと思ったのですが、置いておくことにしました。

というのは、紙の資料は残しておくと、元データにもうアクセスできない/読み取れないとなってしまった場合にも最低限の情報を得ることができるからです。

そういう局面がここ数年で何回かあったので、やはり紙って大事だなと思っていたのですね。

Img_4795

片づけが一通りすんで、場所が空いたのでいよいよiMacProちゃんをVESA化します。

狼君が、VESAマウントキットをつけてモニタアームを設置するところをやってくれたので、とても助かりました。ありがとう狼君

Img_4796

Img_4797

iMacProちゃんが移動していったので、空いたところを片づけて、MacPro(2013)をメイン機にしていたころのメインモニタ、BenQちゃんを移動させてきて(今までサブモニタにしていた)、メインモニタにします。

サブモニタには、そのまた前のメインモニタだったEIZOのFlexScanSX2462Wを狼君から返してもらって(快く返してくれてありがとう)使うことにしました。これがメインモニタだったのってもしかしてG4(QuickSilver)のころかもしれんな。

いよいよMacStudioちゃん開封の儀!
状態はごくいいとのことでしたが、ほぼ新品同様でした。

Img_4799

Img_4800

一通り外付けHDDやTimeMachine用HDDなどをつなぎ、起動を確認します。

ちゃんと起動したので、とりあえずOSを再インストールします。

中古だから、初期化して再インストールしないといろいろ心配ですからね。

と思ったら、なんかしらないけどOSのダウンロードに何度も失敗するのはなぜ。ネットワークが中断されましたとか言うし…

3度目のチャレンジで無事インストールできたのでよかったですが、普段使っていて切断されることは今までなかったのでなんか謎だなあ。

そしてもう一つの謎が。

買っておいたエレコムのUSB-Cハブが動作しないのです。

この謎はすぐには解けなかった。

Img_4823

●12/31

まず、TimeMachineから、アプリケーション以外の環境を移行します。

ほんとうはファイルの移行もしない方がいいのですが(もう絶対使わないIntel時代の遺物や環境設定も来てしまうから)、そうすると手間が莫大になってしまう…ので…(特にメール環境)

もしAdobe関連で障害が出たら、クリーンアップして入れ直せばいいや的な、ちょっと日和った感じで移行しました。

さて、いよいよAdobeアプリインストールです。事前につくっておいたインストーラからインストールを始めます。このために個人版のほぼ倍額を払う、Amazonの割引セールとも縁のないグループ版を契約しているのです。

2021以降ならインストールできる感じです(その前はそもそもユニバーサルインストーラが用意されてないので無理っぽい)。

他はoffice365と、いわゆる「ものかのツール(必須!)」を中心に、今何が入っているのか確認しながら、いらないものは捨てながら、再構築していきます。

まず、ツール類は手元に保管しているインストーラのバージョンを確認しながら、公式サイトを確認して、一番新しいバージョンを入れていきます。Montereyなので。

日和った感じの環境移行をしたので、ひとつひとつ起動するかどうか確かめ起動しない・シリアルを求められる・ライセンスを求められるなどした場合はそれに対応しながらアプリケーションを入れていきます。一口で言いますけれど、けっこうめんどうくさいですね。

モリサワパスポートとLETSも、デスクトップアプリがあるのでインストールし、ライセンスを切り替えます。

LETSは旧LETSなので、もうアプリは表にはなかったですね。会員でログインした先にありました。新LETSに切り替えるかどうかはまだ決めていませんが、もしmojimoにカッコウが入ったら、mojimoにしちゃおうかなと思っています。つばめとカッコウが使えればそれでいいや…的な…

 

●そして年明け

一通り使えるかなというかんじにして年明けを迎えたわけですが、まだ積み残しの課題があった。

例の認識しないUSBハブ

エレコムのこちらです。

MacStudioに挿した場合はつながらないのですが、以下のような事を確認しました。

・iMacProでは動作する→ハブは壊れていない

・MacStudioに、別のUSB Type-Cのデバイスを繋いだ場合は動作する→ポートは生きている

うーんお手上げ。

と思っていたらですね、ふと、裏表逆に挿してみたら…動作したのですよ…

謎なので(Type-Cでも裏表はある的な情報もあるんですけど)、エレコムさんに聞いてみました。

そうしたら、iMacProちゃんでは正常に動作するので初期不良とまではいえないかもなのだけど、1回取り換えてみましょうとというお話になり、代替品を送ってくれるそうです。
それでちゃんと使えるんだといいな。

なお、この裏返したら動作したという話をしたら、「給電容量の大きいデバイスをいきなりつないだのでは」「百均や中華のパチモンなのでは」というご意見をいただいたのですが、自分はいくら何でもそこまでお粗末な人間ではないです…

 

外付けHDDがすぐスリープする

保存コマンドを押すと「エッ何か言った?ゴメン寝てた」的にレインボーカーソルを回しながら起きてくるんです。

なんでもこれ、MacStudio特有の現象らしく、皆さん困っているんだけど解決法が特にないみたいなのです。

そこで、このコミュニティで紹介されていたツール「Amphetamine を使って様子を見ることにしました。

定期的に外付けをたたき起こしてくれる感じですね。

 

ParallelsのサポートするゲストOSの範囲が狭くなった

以前のバージョンでの作業をしなければならない場合に備えて、Yosemite・High Sierraなどで仮想環境を構築しているのですが、M1Macではそのあたりが全滅です。構築できるのはMonterey以降になりました。

 

同じMontereyでも、Intel版とはちょっと違うな、と思うところがときどきありますね。

でも慣れれば気にならないと思います。

 

取り急ぎ構築レポートでした。

2023年 うちのラインナップ

●チビタ

長老チビタ君。

補液しながらがんばっています。

狼君に圧をかけるのが得意。

2006年生まれなので、17歳になりますね。

Img_4814

●チャー坊

チビタより2つ年下なので15歳。

リンパ腫持ちですが、お薬が良く効いて、元気にチャー参り(人を玄関まで連れていって帰ってくる。最低3回繰り返す)をしています。

Img_4812

●カム

2015年保護。多分そのとき1歳くらいなので、今年9歳くらいかな?

お鼻ビズビズですが元気です。

Img_4818

●T男

2017年保護。

やはりそのとき1歳くらいなので、7歳くらいです。怒濤の寄りが得意。どすどす

Img_4816

●キジオ

2021年保護。

年齢不詳…

保護時11歳との情報ありなんですが、もうちょっと若いのでは…

難治性口内炎で、全抜歯もしたのですがあまり軽快せず、ステロイド必須です。

そのため糖尿を発症してしまいましたが、そっちはちょっと落ち着いたようなので、インスリンはお休み中。

貧血があるためネスプを月1くらいで継続する必要があります。

気のいいおっさんですが、保護時とずいぶん顔つきが変わりました。

Img_4807

●トモ

2010年にふってきてから、うちの家庭内野良をやっています。

Img_4822

●サト

2016年保護。

いずれなついてくれると思ったのですが、トモと一緒に家庭内野良に…

T男のお姉さんです。

Img_4828

●ハナ

2013年保護。

その2~3年前から通って来ていたので、12歳くらいでは?

アレルギー持ち。

Img_4824

●シロさん

2018年保護。

2010年くらいから通って来ていたので、やはり12歳くらいかな?

扁平上皮癌にて鼻鏡を切除しています。

Img_4826

●クレオにゃん

シロさんよりちょっとあとからずっと通って来ていた、ベランダ史上最弱のクレオにゃん。キジオとほぼ同時期、2021年に保護。10歳くらいなのでは?

Img_4827

2023年 明けましておめでとうございます

暮れに突然思い立って、MacStudioを購入したので、それのセッティング等でヒーヒー言っておりました。

その件については別記事で起こします。

 

バタバタしながらも年明けを迎え、元日は何もしないで過ごすことができました。

急ぎの仕事などもなかったので、ココロ安らかです。

 

2日には、吉例により妙法寺へお参りに行きました。

途中でいつも夜神社に、茅の輪が設置してありました。

あれは大祓のときだけじゃないんですね。

Img_0046

狼くんが還暦を迎えたので、厄除けのご祈祷もしてもらいましたが、本当は「還暦になる年のお正月」にしてもらうものだったようです。

1年ずれてしまったが、やってもらったので、まあいいでしょう…

去年は揚げまんじゅうの虎月堂さんが閉店してしまってから、ぜんざいをいただいて帰るのを楽しみにしていたお茶屋さんの喫茶「遊水」が閉店してしまっていて、残念に思っていたのです。

そしたら、お茶屋さんはコーヒー屋さんに変わっていました。

中ですわってのむこともできるし、テイクアウトもできます。

お店の名前は「NIWATORI COFFEE」。https://www.niwatori-coffee.com

おいしそうな卵やリンゴなども売っていました。

今日からぼつぼつ仕事も始めます。

今年もよろしくお願いしますね!

 

« September 2022 | Main | May 2023 »

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ