« MacStudio導入記 | Main | 椅子の脚部を総取っ換え »

January 09, 2023

MacStudioちゃんをラックマウントする

机の上にひとまず設置したMacStudioちゃんであったが、ホコリ吸い込み問題など考えると、やはり机直置きではなく吊り下げ型収納をしたい。

ということで、こちらを購入した。

79c8d2be45a5452f880f3859f1b2af49 1e5a0d547c024141bc9ac930ba3b993d

ちょうどキャンペーン中で、1000円引きのクーポンがついていたのである。

これは木材などでできた机に木ねじで取り付けることを前提にしているものだけど、そのための穴が開けられているから、その穴を使ってエレクターに針金でくくりつけちゃえばいいかな、と思ったのでした。

素早く届いたので、狼くんに見せて「こうしようと思っている」と説明したところ、
「針金は耐久性がなく、切れて落下する恐れがあるから、ボルトとナットで止めたほうがいい。こういうの
もし上面をできるだけ平らにしたいのだったら皿ネジを使うといい」

D50fd604e82d4f5f8a31df4859332edb
ボルトとナットはこんな感じのやつ
届いたものの穴に合うのはM4だった


と助言してもらったので、ホームセンターへ行ってこのようなものを買ってきた。

Ae08e3ca7d7041b7837b066e46fa1c34

ステンの皿ネジM4、穴の空いたスチール板、防震のためのゴム板(シールがついていて色々なところに貼れるようになっている)、幅の広いワッシャー、フリンジナット(これは結局使わなかった)。

フレームの天板と穴の空いたスチール板を皿ネジで挟んで止める、というのが基本方針だが、ホームセンターには天板を持って行って穴の位置が合うスチール板を探した。
スチール板の穴の大きさの方が天板の穴より大きいので、すっぽ抜けないように幅の広いワッシャーを購入した。
また、スチール板にゴム板を貼って、もし何かで振動するようなことがあってもがたつかないようにした(でも、よく考えたらSSDなので、 HDDほどがたつきに配慮しなくてもよかったかな)。
このゴム板は、エレクタ側にある段差を埋めるのにも役立ったので買っておいてよかった。

この後いろいろやっていて、買ってきたネジの脚が長すぎてMacStudioをマウントしようとするとバッティングする問題が勃発したりしたので、同じことをやってみようと思っている人は、ネジの長さは30〜15の間をいくつか買っておいた方がいいかもしれない。

で、かなりいい感じでつけることができた。
これで冷却も問題ないと思う。

483e5052d796421e8e3e4ea8d1d1ba20
ちょっと前面にはみ出るけれども、これはスーパーエレクターの構造上これ以上奥へ設置できないので、まあいいことにする。

というわけで、木ねじが効かないラックにつけたい場合の一例としてご紹介することにする。

« MacStudio導入記 | Main | 椅子の脚部を総取っ換え »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« MacStudio導入記 | Main | 椅子の脚部を総取っ換え »

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ