« 2024年 明けましておめでとうございます | Main | プリンタと電気釜を買い替える »

January 14, 2024

呪われたPowerMac G5

●事の始まり

弊社顧客のところでトラブルが起こり、PowerMac G5を送っていただき、対応することになったのが始まりでした。
とりあえず弊社に送っていただいて、故障状況を聞き、修理会社へ送りました。

そしたら、送り先についたときには、なんというか…もっと破損していたのです。ガーン

●代替機を買うのだが

それは追加で直していただくとして、その間どうするかという話になり、メルカリに出ていたG5を落札して送っていただきました。

梱包開けたらガーン
Mac Proが入っていました。使えぬ

売っていた方があまり詳しい方ではなくて、管理者パスワードは何か? とお尋ねしたら、「管理者が退職してしまって自分は何も分からないシクシク」的なお返事だったので、「違うじゃないか!」と詰めるのはやめました… 
初代Mac Proとしてはいい子でしたよ…
(なお代替機は、尾中さんのご好意によりバッチリ解消しました。その節はありがとうございました!)

●直ってきたと思ったら

どたばたしている間に「修理できました!」とのことで修理会社からG5が戻ってきました。

梱包開けたらガーン!
筐体がゆがむほど破損していました。また修理… 修理屋さんへの行きと帰りとで都合2回破損したことになります。
(なおどちらの修理も配送業者さん持ちで直してもらいました)

呪われてるんか?と思わされる出来事でしたが、この後もこのお仕事ではいろんなことが起きるのだった。しかし略(笑)

ところでPowerMac G5の最終型、Late2005は、最初に入っているOSがTiger(MacOS 10.4)なのですが、市販の10.4が発売された後に出たもののため、正確にいうと10.4.4が入っています。
そのため、Appleから市販された10.4メディアからブートしようとするとカーネルパニックを起こします。
添付されてきたインストールメディアからでないと10.4が入れられないので注意しなければなりません。10.5は普通に入りますが、クラシック環境は10.4でないと入らないので、罠に引っかかる人もいるでしょう。
解決策としては、なんとかして添付されていたインストーラDVDを入手するしかないのです。たまーに出るからヤフオクを張れ…!

« 2024年 明けましておめでとうございます | Main | プリンタと電気釜を買い替える »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

DTP」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 2024年 明けましておめでとうございます | Main | プリンタと電気釜を買い替える »

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ