« クロス貼り替えへの道-3 準備編 | Main | クロス貼り替えへの道-5 完結編 »

May 24, 2024

クロス貼り替えへの道-4(いよいよ工事始まる)

●さていよいよ工事
今回の工事は大きく分けて3つ頼んでいた。
1.クロス貼り替え
2.地下から1階までのLAN配線のやり直し
3.棚を吊って洋服をかけるパイプをつけてもらう
●LANの張り替え
LANは前に通してもらった(壁をぶち抜いて工事をしてもらった)のがもう20年以上前で、カテ5なのである。それをカテ6にしたいのと、また何か規格が変わって配線を交換するときに、いちいち壁をぶち抜かなくていいように、なにかパイプ的なものを通して欲しいという希望であった。
壁を開けてみないと、パイプが通せるかどうかわからないということで、もし通せなかったらケーブル張り替えだけでよいということにした
開けてみないとわからないというのは全部の業者さんがそうおっしゃったので、そういうものなんだと思う。ただ、最初に聞いたNさんはとても渋っていて、普通そういう工事は新築の時にしかしないと言っていたのである。でも、ケーブルは(もう一度通しているわけだし)不可能ではないし、パイプを通してもらうのも場合によるということもわかった。
結局、壁を開けてみたところ、パイプを通せる余裕が見つかったので、これは無事に希望通りの工事ができた。
●棚というか洋服かけ
今DIYでつけたパイプがついてるのだが、ちょっと見かけがアレだし、素人工事でどうもゆがんでいるみたいなので、クロス貼り替えするならついでに見栄えのいいものにしてもらおうというくらいの気持ちである。
●今回のメインイベント:クロス
サンゲツのWebカタログを知らせてもらって、粗よりした番号のクロス見本を取り寄せてもらうという手順であった。実物を見ないとやはりピンと来ない。和室の壁、リビングの壁、寝室の壁、天井と、4種類選んだ。
その他に、和室の襖、リビングと和室の間の引き戸の張り替えもお願いした。こちらは襖見本のサイトを知らせてもらったのだが、今ひとつよくわからなかった。それで、ルノンというメーカーのWebカタログを知らせて、そういうのはないかとお尋ねしたところ、そのカタログの紙版を持ってきてくれたので、そこから選んだ。カタログはうちにあっても仕方がないので、業者さんへお返しした(とても立派なカタログだった)。
●日程も決まる
クロスや襖の素材も決まって、工事は4/15〜29で行うことになった。
日通さんへは13日に荷物を預け、5/1に戻してもらった。和室が荷物でいっぱいになって、デコチャンは荷物登山をしていた。
●家が広いね?
荷物を預けてしまうと、なんというか、史上最大に家が広いのである。すげえな!こんなに広かったんだ! 荷物増やしちゃう病の狼くんもこれにはびっくり。「この状態を保ちたいねえ」という言葉が! そうだよねえー!
●まず最初に、LAN工事
気のいい感じの職人さんと、今回依頼した業者、fmさんの現場監督さんと、fmさんの担当の方と3人で見えて、壁紙を剥がして壁に穴を開けた。
謎なパーツなどが壁の中にあったりしたけれど、無事にパイプを通せる隙間が見つかって、ケーブルも張り替えてもらって工事は終了。
●襖の引き取り
襖は電気工事の翌日に、業者さんが撮りにきた。1週間くらいで出来上がるので、そうしたら届けにいらっしゃるということであった。
●いよいよクロス貼り替え
19日からクロス貼り替えがはじまった。クロスに糊付けをする機械を部屋(リビング想定)の中に置きますね、ということだったので、こたつは分解して、階下の狼くんの部屋へ格納。和室の家具の中身を出して、寝室へ避難させ、家具を移動できる重さにしておく。
クロス貼り替えは和室から行う。
和室には本棚一つと、洋服タンスがあるが、本棚はもう空にしてある。タンスの中の洋服を、一時的に段ボールに詰めるなどして、寝室へ移動させる。
これで家具が動かせる状態になった。
Img_5488
本棚は空に
Img_5510
荷物に登るデコチャン
Photo_20240524160001
とくいとくいです
Img_5497
わぁ広い!こうありたい!
クロスにのりをつける機会は来んな感じに置かれた
Img_5498
立派なキャットケージ
Img_5499
猫たち格納される
●和室のカーペット問題
和室のクロスが終わったら、畳の上に敷いてあるカーペットがかなりくたびれてきていたので交換しようということになっていた。
和室のクロスは面積もそれほどなく(1面がほぼ引き戸、もう1面がほぼ押し入れなので)、早く終わるだろうという話だった。もしかしたらリビングへ着手するかもということだったので、テレビ周りも残っている小物を払っておいた。
和室は予想通り早めに終わったのだが、その日はそれで終了して、翌日からリビングにかかるということになった。
和室にものを戻す前にカーペットを交換したかったので、古いカーペットをとりあえず剥がした。
すると、猫の粗相が(主にケロ)下へしみて、ちょっとやばいことになっているところが数箇所発見された。これはまずい。
カーペットは畳の上に敷いちゃダメだね…ということになり、はがしたままで終了。そもそもなんで畳の上にカーペットを敷いたのかというと、前の畳がミケ様のドリフトなどで擦り切れて、畳の屑が足に刺さるようになっちゃったからなのだ。でもペットがいる場合は敷かない方がいいね…
もう買ってあった交換用カーペットはジモティに出すことにした。
カーペットの行方
カーペットは後日ジモティに出したのだが、すぐに買い手がつき、車で取りに来ると連絡があった。団地サイズ6畳に敷き詰められるものだったので、ほんとうに車に乗るか確認したが大丈夫とのことで、場所を知らせた。
当日、待っていると、真っ赤な車に乗って陽気な音楽をスマートフォンで鳴らしながら、アフリカ系の背の高いお兄さんがやってきた。車にカーペットを積み込んで(後部座席を倒して前から後ろまでぶっ通したところギリギリで載った)、「アリガトー!」と去っていった。会うまで若者だろうとは思っていたけど、外国の人だと思っていなかったのですごく驚いた。
続く!(次回最終回)

« クロス貼り替えへの道-3 準備編 | Main | クロス貼り替えへの道-5 完結編 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« クロス貼り替えへの道-3 準備編 | Main | クロス貼り替えへの道-5 完結編 »

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ