« クロス貼り替えへの道-2 突如、狼くん(夫)、心筋梗塞を発症し入院する | Main | クロス貼り替えへの道-4(いよいよ工事始まる) »

May 23, 2024

クロス貼り替えへの道-3 準備編

●準備を始める
狼くんの回復ぶりを見て、クロス貼り替えは予定通りやる方向でいけるなと思ったので、まず本を預けることから着手した。

うちのクロス貼り替えには、大きく2つの問題がある。
一つは、もう一つはモノの多さである。

●猫をどうする
クロスを貼り替えているときは当然その部屋に猫は存在できない。また、業者さんが出入りするので、うっかり外へ出ないように、どこかに確保しておかなければならない。これについては、洗面所とお風呂場、寝室、階下の狼部屋(ドアを閉め切ることができる)を活用し、寝室貼り替え時には、別途大型ケージを導入することで乗り切れる見込みがついた。
猫の大型ケージだが、どうしても3匹一緒にいれるケージが必要と思われたので、3段のかなりしっかりしたケージを買った。いいケージだが、しっかりしているので、簡単に組みたてたりバラしたりするのには向かない。しょっちゅう組み立て>バラしをするのだったら、別のものを検討した方がいい。
しかし、組み立てたままの時間がある程度長いのだったら超おすすめである。スライドドアが広く開くので、猫トイレの出し入れや、入っている猫の周りの世話などがしやすいのである。今まで色々ケージは買ったが、これはとても使いやすい。
あと、アイリスオーヤマの移動用の折りたたみケージも買った。これはたたむと平たくなって、コンパクトにしまえるので、一つあるといいと思う。緊急時、キャリーでは狭すぎるような時にも使えるから、車に一つ乗せておいてもいいと思った。

●そしてモノが多い
モノの多さだが、モノといっても2種類あった。一つは、一つは家具に入りきっていない諸々(会社の資料と狼くんの趣味の道具、バックルコンテナなどに入っている)である。
このモノを部屋から出さないと、クロス貼り替えが行えない。本棚は動かさないとその後ろの壁が作業できないし、コンテナやその他の荷物はどかさないと作業場所が確保できないのである。

モノはどうするのか
最初に聞いたN業者さんでは、このモノや家具の移動及び預けることに対して、40万見積もってきたのである。クロス貼り替えと別にだ。おいおいである。
そこで、モノに関しては自分で考えることにした。最初はここへ越してくるときお世話になったクロネコさんに聞こうと思ったのだが、調べてみるとクロネコさんは今、引越しなど倉庫の関連する業務をお休みしているようだった。
そこで、別件で最近取引を始めた日通さんに聞いてみることにした。
ヤマトのパソコン便で立て続けに事故ったので、恐ろしくて使えなくなっちゃったのである。他に安心して割と大きめの(サーバとか)輸送を頼めるところを探した結果、NX日本通運さんに頼めることが分かったので、輸送の契約をしたところだったのだ。
個人で考える場合は、ハローストレージとのコラボサービスを検討してもいいかもしれない。

●まず本を外へ預けることにした
本は一気にどうこうすると絶対腰をやってしまうと思ったので、運送屋さんに頼むのではなく、いわゆる「本を買いすぎて家から溢れている人の本を預かる」サービスを利用することにした。
選んだのは「東京書庫」というところだ。他のサービスに比べて、箱が丈夫である、いっぱいに詰めても重さの上限を越さないというレビューがあったのでここにした。ここの、一番安い箱単位で預けるサービスをつかうことにした。2/27頃から4〜5箱ずつ預けていった。
結局、全て預け終わったのが3月末くらいだったのだが、箱は全部で50箱使った。1箱にかなり入る(文庫をきっちり詰めると25キロくらいになる)ので、40くらいで収まるかと思ったが甘かった。
もっと本のある家を知っているので、ウチなんかまだまだ少ないよなあと思っていたんだけど、けっこうあったな… 本棚って偉大である。

●本の次に荷物
本を預け終わったあたりから、荷物をまとめ出した。バックルコンテナに入っているものはそのまま預けてしまえばいいのだけど、その他の溢れ出しているものや、狼くんのアイテム(本棚の4ブロックがアイテム入れになっている)、本棚以外のラックに収納しているものを、段ボールに入れて預けられるようにするのだ。
狼くんでなくてもできるところはやるつもりで、どんどん詰めていった。
荷物を積める段ボールは自分で用意しなければならない。「ダンボールワン」というサイトから80サイズと120サイズの2種類を購入しておいた。ダンボールワンの広告付きの箱だと少し安いのである。80サイズを30、120サイズを20買ったが、少し余った。値段はたしか8000円行かないくらいだった(送料込み)。
書類などの重くなるものは80サイズ、空き箱やその他あまり重くならないものは120サイズに詰めていった。
バックルコンテナや段ボールなど、本以外の預ける荷物は、最終的には55箱になった。倉庫の面積は2坪、トラックは2トン車1台、それで2週間預かってもらって12万ほどであった。

●預けない荷物もあった
壁にかかっている額の類は、全部取って段ボールに入れ、私の仕事部屋へ避難させておいた。
また、引火しやすいものや危険物、壊れやすいものは、預けないで地下へ保管した。段ボールにして4〜5箱分くらいである。

 

ここまででかなり力尽きつつあるが、まだ貼り替えは始まってもいないのだ!

続く!

« クロス貼り替えへの道-2 突如、狼くん(夫)、心筋梗塞を発症し入院する | Main | クロス貼り替えへの道-4(いよいよ工事始まる) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« クロス貼り替えへの道-2 突如、狼くん(夫)、心筋梗塞を発症し入院する | Main | クロス貼り替えへの道-4(いよいよ工事始まる) »

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ