カテゴリー「住まい・インテリア」の29件の記事

May 23, 2024

クロス貼り替えへの道-3 準備編

●準備を始める
狼くんの回復ぶりを見て、クロス貼り替えは予定通りやる方向でいけるなと思ったので、まず本を預けることから着手した。

うちのクロス貼り替えには、大きく2つの問題がある。
一つは、もう一つはモノの多さである。

●猫をどうする
クロスを貼り替えているときは当然その部屋に猫は存在できない。また、業者さんが出入りするので、うっかり外へ出ないように、どこかに確保しておかなければならない。これについては、洗面所とお風呂場、寝室、階下の狼部屋(ドアを閉め切ることができる)を活用し、寝室貼り替え時には、別途大型ケージを導入することで乗り切れる見込みがついた。
猫の大型ケージだが、どうしても3匹一緒にいれるケージが必要と思われたので、3段のかなりしっかりしたケージを買った。いいケージだが、しっかりしているので、簡単に組みたてたりバラしたりするのには向かない。しょっちゅう組み立て>バラしをするのだったら、別のものを検討した方がいい。
しかし、組み立てたままの時間がある程度長いのだったら超おすすめである。スライドドアが広く開くので、猫トイレの出し入れや、入っている猫の周りの世話などがしやすいのである。今まで色々ケージは買ったが、これはとても使いやすい。
あと、アイリスオーヤマの移動用の折りたたみケージも買った。これはたたむと平たくなって、コンパクトにしまえるので、一つあるといいと思う。緊急時、キャリーでは狭すぎるような時にも使えるから、車に一つ乗せておいてもいいと思った。

●そしてモノが多い
モノの多さだが、モノといっても2種類あった。一つは、一つは家具に入りきっていない諸々(会社の資料と狼くんの趣味の道具、バックルコンテナなどに入っている)である。
このモノを部屋から出さないと、クロス貼り替えが行えない。本棚は動かさないとその後ろの壁が作業できないし、コンテナやその他の荷物はどかさないと作業場所が確保できないのである。

モノはどうするのか
最初に聞いたN業者さんでは、このモノや家具の移動及び預けることに対して、40万見積もってきたのである。クロス貼り替えと別にだ。おいおいである。
そこで、モノに関しては自分で考えることにした。最初はここへ越してくるときお世話になったクロネコさんに聞こうと思ったのだが、調べてみるとクロネコさんは今、引越しなど倉庫の関連する業務をお休みしているようだった。
そこで、別件で最近取引を始めた日通さんに聞いてみることにした。
ヤマトのパソコン便で立て続けに事故ったので、恐ろしくて使えなくなっちゃったのである。他に安心して割と大きめの(サーバとか)輸送を頼めるところを探した結果、NX日本通運さんに頼めることが分かったので、輸送の契約をしたところだったのだ。
個人で考える場合は、ハローストレージとのコラボサービスを検討してもいいかもしれない。

●まず本を外へ預けることにした
本は一気にどうこうすると絶対腰をやってしまうと思ったので、運送屋さんに頼むのではなく、いわゆる「本を買いすぎて家から溢れている人の本を預かる」サービスを利用することにした。
選んだのは「東京書庫」というところだ。他のサービスに比べて、箱が丈夫である、いっぱいに詰めても重さの上限を越さないというレビューがあったのでここにした。ここの、一番安い箱単位で預けるサービスをつかうことにした。2/27頃から4〜5箱ずつ預けていった。
結局、全て預け終わったのが3月末くらいだったのだが、箱は全部で50箱使った。1箱にかなり入る(文庫をきっちり詰めると25キロくらいになる)ので、40くらいで収まるかと思ったが甘かった。
もっと本のある家を知っているので、ウチなんかまだまだ少ないよなあと思っていたんだけど、けっこうあったな… 本棚って偉大である。

●本の次に荷物
本を預け終わったあたりから、荷物をまとめ出した。バックルコンテナに入っているものはそのまま預けてしまえばいいのだけど、その他の溢れ出しているものや、狼くんのアイテム(本棚の4ブロックがアイテム入れになっている)、本棚以外のラックに収納しているものを、段ボールに入れて預けられるようにするのだ。
狼くんでなくてもできるところはやるつもりで、どんどん詰めていった。
荷物を積める段ボールは自分で用意しなければならない。「ダンボールワン」というサイトから80サイズと120サイズの2種類を購入しておいた。ダンボールワンの広告付きの箱だと少し安いのである。80サイズを30、120サイズを20買ったが、少し余った。値段はたしか8000円行かないくらいだった(送料込み)。
書類などの重くなるものは80サイズ、空き箱やその他あまり重くならないものは120サイズに詰めていった。
バックルコンテナや段ボールなど、本以外の預ける荷物は、最終的には55箱になった。倉庫の面積は2坪、トラックは2トン車1台、それで2週間預かってもらって12万ほどであった。

●預けない荷物もあった
壁にかかっている額の類は、全部取って段ボールに入れ、私の仕事部屋へ避難させておいた。
また、引火しやすいものや危険物、壊れやすいものは、預けないで地下へ保管した。段ボールにして4〜5箱分くらいである。

 

ここまででかなり力尽きつつあるが、まだ貼り替えは始まってもいないのだ!

続く!

May 22, 2024

クロス貼り替えへの道-2 突如、狼くん(夫)、心筋梗塞を発症し入院する

●発症
発端は、狼くんが泊まりがけのツーリングから帰ってきて、なんか調子悪い、胸の上に重いものが乗っているかのような不快感があると言い出したことだった。
ずいぶん前にもらったニトロがあるというので飲んでみることになった。そうしたら「楽になった」ということでちょっとほっとしたのだけど、調べてみると「ニトロで楽になるなら心筋梗塞の疑いが大なので、すぐ受診せよ」と書いてあるではないですか。
翌日の朝、また不快感がぶり返してきたみたいと言うので、お医者へ行ったほうがいいと言ったのだが、お客さん先へ行く予定があるんだけど…と渋る狼くん。
たまたま、健康診断で循環器がひっかかっていて、K病院の循環器科で受診予約がとってあったのです。でも2〜3日後でした。
「受診予定のお医者さんへ電話して、どうしたらいいか聞いてみよう!」ということで即電話しました。
すると「すぐ来い。今からだと午後診1:30になるからすぐ来い。それまでの間に具合悪くなったら救急車呼んで」とおっしゃるではないですか。狼くん、びっくりして、お客さんは延期にしていただき、病院へ向かいました。
自分は自分で、別のお客様へ行く予定があったので出かけました。

●受診をしたら
4時に用事が済んで、お客様先を出て携帯をみると、不在着信が同じところから3件入っています。
知らない番号だったので、どこからかかっているか調べるとK病院でした。慌ててかけ直すと、病院のお医者さんに繋がりました。
「心電図では異常は見えなかったが、血液検査で心筋梗塞特有の物質が見つかり、造影CTとったところ急性心筋梗塞であると判明したので、カテーテル治療を行っている。事前にお知らせしようとしたのですが繋がらなかったのです」とのことでした。もうほぼ終了していて問題は起きていない。きちんと終わったらまたお電話しますとのことで、とりあえず帰宅するわたくし。
入院するんだよね?と思い、帰って前開きパジャマ(狼くんは普段パジャマを着ないのでしまいこんであった)などを掘り出しているとお電話がかかってきました。無事終わったので病院へ来てくださいとのことです。

●カテーテル手術が済んで入院
病院ではいきなりカテーテル手術になり、その後ICUに突っ込まれてビックリしている狼くんと面会し、主治医の先生から病状説明など受けました。
心筋梗塞だったこと、詰まっていたところは無事開通したこと、10日〜14日くらい入院になるということや、早く見つかった(完璧に詰まってぶっ倒れる前)ので元通り復帰できるであろうということなどを説明していただきました。
深刻なことにならずにすんで、本当によかったです。

20240522-164937
このように詰まっていたのが

20240522-164951
お医者さんの奮闘により

20240522-164958
このように開通したわけです


着ていった服や荷物や靴を持って帰るよう渡され(大きなゴミ袋に入っていた)、ちょっと持って帰れない感じだったのでタクシーで帰りました。
結局10日入院したのですが、パソコンや病院内で履く靴やなんかを持っていったり、洗濯物を持って帰ったり、保険屋さんに連絡したり、まごまごしていました。

●それじゃクロス貼り替えはどうするの…
最初の日に病院から帰ってきて、さて貼り替えはどうするかなと考えたのだけど、実行時期はゴールデンウィーク前くらいに仮定していたので、あと2か月くらいある。業者選定はしてしまってもいいだろうと考えました。
もし時期をもっと後にしなければならないとか、病後具合が悪くてそれどころじゃないとなったらキャンセルすればいいし、入院中に見積もりのための下見を終わらせてしまったほうがバタバタしなくていいだろうと思ったのであります。
ちなみに、なぜゴールデンウィーク前と仮定したのかというと、そもそも昨年考え始めたときは、1月に業者選定し、2月中に終わらせる感じで考えていたのです。でも、前回のとおり、業者Nさんが応答が悪くのびのびになってしまったため、2月は到底無理になってしまった。すると3月か?しかし3月は引越しシーズンで、預けなければならない荷物があるし、運送業者や倉庫業者は立て込んでいるだろう。引越しシーズンが終わって、連休に入る前あたりがいいだろうと思ったのです。

●その後の動向
というわけで、予定通り業者さんの下見を終わらせました。最後の下見が2/29、狼くんが退院したのが3/1であった。
狼くんは後遺症もなく、元気に退院してきたのだが、さすがにしばらくは力仕事はダメらしい。

というわけで、自分、がんばる予感がひしひしとしてくるのでした。

続く!

クロス貼り替えへの道-1

●そもそもなんで今クロスを貼り替えるのか!
ここ10年くらい断続的に「クロス貼り替えたいな〜」と思っていたのだが、2023年の12月ごろから実施に向けて考え始めていた。
●考え始めたおもな要因を挙げてみよう。
・病気の猫がいない
これは最大の要因かもしれない。ここ数年は高齢になって調子の悪い猫が必ず一人はいたのだった。昨年チャー坊とチビタとキジオを亡くしたのは辛かったが、気がついてみたら病気の猫がいないのである。
・入居してから貼り替えていないので、もう24年目に突入
昔(10年くらい前まで)吸っていたタバコで壁紙が焼けてしまっているのだ。2人ともヘビースモーカーだったので、汚れはかなりひどい。
特にリビングの天井と壁の継ぎ目あたりや、吸排気口の周囲が汚れていて、掃除しても汚れがしみついて取れない。
・今(自分60歳・夫61歳)やらないと、家具の移動や家の中のものの整理など、肉体的精神的負荷がかかることが多いので、できなくなってしまう可能性がある
●やりたい範囲は1Fのリビング・和室・寝室(台所と洗面・風呂場を除く)
メゾネットなので地下に2室あるが、そこは仕事場として使っているので今回は除外する(ここまで手を広げると荷物などをどうすればいいかのシミュレーションが複雑になりすぎて対処できない)
●1月に相談を始める
12月頃から考えはじめ、最大の問題「貼り替えている間猫をどうするか」がだいたいシミュレートできた(いわゆる「絵が見えた」感じ)ので、年が明けたら相談しようと思っていたのだった。
●当初はマンションの管理会社の系列のNさんに相談
当マンションの販売はN系列だったため、管理もずっとNさんである。そのため各部屋の情報が取りやすい立場にある。
2年前にユニットバスを交換した時はNさんで行なったのだった。
当然、最初はNさんに聞いてみたのだった。だが
●応答があまりにも遅い
鬼滅の鱗滝さんだったら即雷が落ちるであろう。
 1月の月初に連絡を取ろうとしたのに、返事が9日まで返ってこず、やっと来た返事では月中まで担当者が休暇ということでさらに遅れた。結局担当者に会えたのは2月に入ってからになった。
あまりにも間が空くので、その間に要望をまとめて、調べられるところは調べ、pptにまとめて提出した。担当者的には仕事が半分なくなったみたいなものだと思うよ?
で、2月に下見に訪問されたが、見積もりがまた1週間待っても出てこない。結局見積をもらったのは2週間後。もう2月も半ば過ぎなのである。
しかし、その見積もりを見ても、資料の読み込みが足りない(貼り替え範囲を把握していないなど)。ppt、読んで欲しい。箇条書きにしてあるし、疑問点も明示したし、テキスト量もそんなにないのだから。
●提示された見積もりが高額であり、移動させる荷物にかかる費用もまた高額であった
クロス貼り替えと付帯工事2件の見積、および部屋を貼り替えられる状態にするための荷物の移動が必要なのだが、クロス貼り替え一つとっても、事前調査した金額の2倍くらいの額が提示されてきたのである。
荷物の移動に至っては「引っ越しするんじゃないのよ」的な値段なのだ。
●これではとても依頼できないと思ったため、相見積もりを取ることにしたのが2月中旬
本当はアイミツはあまり好きじゃないのだが、調べていたとき「リフォームは必ずアイミツをとれ」と書いているサイトが大変多かった。Nさんの見積を眺めながら、これか…と思った。
●リフォーム専門サイトに連絡してみる
翌日には3件の会社からコンタクトがあり、それぞれ下見にくる日も即日決定した。話が早い。
リフォーム専門サイトには、まとめなおしたppt(工事内容)と図面(施工範囲を明記したもの)、希望予算を知らせた。
また、Nさんから出た見積も見せた。
下見にくる日が2/23〜27に決まったのが2/15。
また、さらに自分でも探して、近所で評判の良さそうな業者さんに直接依頼し、こちらは29に下見に来てもらうことに。
●しかし!ここでびざるふ家に大きな事件が降りかかるのであった!続く!

 

January 14, 2024

プリンタと電気釜を買い替える

●プリンタを買い替える
今までOKIのVinciを使っていたのですが、仕事的に、手元でそんなに大量に印刷しなくなってしまったのですね。
それに、その前に使っていたゼロックスのプリンタに比べると、やっぱり色再現が今一つでうーんという感じ…

とか思っていたら、富士ゼロックスはゼロックスとの提携をやめてしまい、社名が変わっちゃいましたね。

リース期間も終わったので、Vinci君にはお引き取りいただき、A3まで印刷できるインクジェットに替えることにしました。
多分発色はこっちの方が良いでしょう。網生成が違うのが誤解を招きがちかもしれないですが、Vinci君でも網が粗くて誤解を招きがちかもしれないし。


というわけで、エプソンの「EPSON EW-M973A3T」というやつに買い替えました。

カラーマネジメントはプリンタの機能というより、測色機・i1のアプリケーションである「i1Profiler」と、それで生成したiccプロファイルをOSもしくはアプリケーションで扱えるかが問題なのでした。

Adobeのアプリケーションの場合は、プリンタドライバに関与してiccプロファイルを使わせる感じなので問題ないですね(Macの場合です。Windowsはわからない)。このあたりは島﨑さんにお世話になりました。ありがとう島﨑さん!

でっかいVinci君は2万円ほど処理代をお支払いして引き取ってもらいました。入れるときも大変だったけど、出すときも大変(径路を空けないといけないので)。しかしこれで大物が去ったので、階段に手すりをつけることができるな。

新しくきたエプソン君は、さっそく年賀状の宛名プリントで威力を発揮するのだった。
今年の年賀状は活版と色箔にした関係で紙がかなり厚く、水平ローディングできるプリンタでないと印刷できないのです。

●電気釜買い替える
ずーっとパナソニックの5合炊きを使っていたんですが、普段1〜1.5合しか炊かないので、おいしくないのです。
「3合炊きだったらおいしいのかなあ」とここ5年ばかり買い替えを悩んでいたんですが、思い切って買い替えました。

象印の「極め炊き 圧力IH炊飯ジャー NP-RT05-BA」というやつです。



結果!
なんで5年も迷っていたのだ!
すぐ買えば良かったのだ!
めしがうまい!

というわけで、象印の圧力IH炊飯ジャー超お勧めです。

めしがうまい!
(だいじなことなので2回いいました)

呪われたPowerMac G5

●事の始まり

弊社顧客のところでトラブルが起こり、PowerMac G5を送っていただき、対応することになったのが始まりでした。
とりあえず弊社に送っていただいて、故障状況を聞き、修理会社へ送りました。

そしたら、送り先についたときには、なんというか…もっと破損していたのです。ガーン

●代替機を買うのだが

それは追加で直していただくとして、その間どうするかという話になり、メルカリに出ていたG5を落札して送っていただきました。

梱包開けたらガーン
Mac Proが入っていました。使えぬ

売っていた方があまり詳しい方ではなくて、管理者パスワードは何か? とお尋ねしたら、「管理者が退職してしまって自分は何も分からないシクシク」的なお返事だったので、「違うじゃないか!」と詰めるのはやめました… 
初代Mac Proとしてはいい子でしたよ…
(なお代替機は、尾中さんのご好意によりバッチリ解消しました。その節はありがとうございました!)

●直ってきたと思ったら

どたばたしている間に「修理できました!」とのことで修理会社からG5が戻ってきました。

梱包開けたらガーン!
筐体がゆがむほど破損していました。また修理… 修理屋さんへの行きと帰りとで都合2回破損したことになります。
(なおどちらの修理も配送業者さん持ちで直してもらいました)

呪われてるんか?と思わされる出来事でしたが、この後もこのお仕事ではいろんなことが起きるのだった。しかし略(笑)

ところでPowerMac G5の最終型、Late2005は、最初に入っているOSがTiger(MacOS 10.4)なのですが、市販の10.4が発売された後に出たもののため、正確にいうと10.4.4が入っています。
そのため、Appleから市販された10.4メディアからブートしようとするとカーネルパニックを起こします。
添付されてきたインストールメディアからでないと10.4が入れられないので注意しなければなりません。10.5は普通に入りますが、クラシック環境は10.4でないと入らないので、罠に引っかかる人もいるでしょう。
解決策としては、なんとかして添付されていたインストーラDVDを入手するしかないのです。たまーに出るからヤフオクを張れ…!

May 10, 2023

椅子の脚部を総取っ換え

あっという間に5月になってしまった。

この間、昨年末からの仕事の仕上げ→納品などをやっていたのです。

ところでここには書いていなかったんだけど、自分の仕事椅子はちょっと古くて、32〜3年くらい前に池袋で買ったカリモクの椅子なんです。
座部は木でできているんだけど、その下は良くofficeチェアにあるガスダンパーのついた5本足の椅子。
確か当時5万円くらい出して買いました。

昨年の秋、これの脚部が壊れてしまったのね。シャフトがどこかでいかれたらしく、前後左右にぐらぐらします。
それで、カリモクさんに連絡して、修理できるか聞いてみたんです。
そしたら「もうあまりにも古いので、代替部品が調達できない、ごめんなさい」というお返事でした。

そうよね…と思って、職人さん探しみたいなサイトで、椅子の特徴を述べて修理できる人を探したところ、お一人見つかったのでお願いした。

別の椅子の脚部で合うものを探して取り付けてくれると言うことで、壊れた脚部をお持ちになって帰られた。

探すのに確か2〜3週間かかったと思う。
コクヨの椅子の脚部を持ってこられて、それに付け替えた。

そのときは直ってよかったと思ったのだけど、座ってみるとどうもチルトの具合がよくない。後ろへ全く倒れず、常に前傾になってしまうのである。
しばらく我慢して使っていたのだが、どうにも辛くなってきた。

実はこの椅子が壊れた頃から腰が悪くて、いわゆる腰痛(椎間板ヘルニア的なもの)とは違うのだが、整形外科に行ったら腰椎分離症からくる座骨神経痛であろうと言われているのだ。
具体的には左側の腰背部から足首まで、鈍い痛みとしびれ感があるのだ。

しかたがないので、まずカリモクさんに、なにか代替の部品がないのか、色とかはどうでもいいので、と再度尋ねてみた。
カリモクさんもずいぶん探してくれたようなのだが、やはり会社としてお勧めできるものがない、というお返事であった。

それで、いよいよ自分で探しはじめてみたところ、ゲーミングチェアの「エーケーレーシング」という会社で、脚部のパーツを売っていることがわかった。

そこで、パーツの詳細を、最初に付け替えてくれた職人さんに連絡し、事情を話して、これに付け替えたいと思っているのだけど、大丈夫そうならこちらで購入しておくが、付け替えをお願いできるかとお尋ねをしたのです。

するとお返事があって、その大きさなら十分付け替えることができる、自分の調達したパーツが良くないようで申し訳ないということであった。

そこで素早くパーツを購入。

以下の3つです。



チェアベースキット

1201230700_61a78184adf32

短尺ガスシリンダー

1221143732_61c1681cedf13

ロック機能付キャスター

モノタロウ経由で購入しました。

で、この連休明けに付け替えてもらったのだけど

「そう!こういう座り心地だった!直った!ありがとう!」

という気持ちに溢れている。

腰も良くなるといいなぁ(整形外科にも通院中)

January 04, 2023

MacStudio導入記

●MacStudioを買ってしまったのです

MacStudioを買ってしまったのであります。

というのも、MacOSが毎年バージョンアップするようになって、202210月にはVenturaになったわけなんですが、これがあまり評判が良くないのですね。

M1Macと呼ばれているAppleシリコン搭載型のMacは、今までのIntel機とは違って、モデルが変更されていなくても、出荷時のOSからダウングレードすることができないようになっています。これはユーザーからは触れない領域にそういった情報が書き込まれているので、どうしようもありません。外部デバイスからのブートもできないようになっているので、ほんとうにどうしようもないのです。

それで、Monterey搭載機がいいなとは思っていたのですが、どうやら皆さん同じ考えのようで、Monterey搭載の整備品が出るとすごい早さで売れてしまっているのです。

うーん。

MacStudioならなんでもいいというわけではなく、4~5年は使いたいので、メモリ64Gは譲れない。アプリケーションも容量が年々増しているので、SSDは2T欲しいところです。

どんなもんなんだ…とリサーチしていたら、じゃんぱらにちょうどそういうスペックで、新品・Monterey搭載という商品が出ていました。

早速購入申し込みをしながら、お店(大阪店でした)に問い合わせます。

そうしたら、新品であるがゆえに開封していない、そのためMontereyであるかどうかは確約できない…ということでした。シリアル番号を教えてもらえないかと頼んでみたのですが、販売前の商品のシリアルは教えられないとのことです。考えてみれば当たり前ですね。しかたないので、これはあきらめました。

あきらめたんですが、あきらめきれずにネットの海をさまよっていたところ、同じじゃんぱらのYahoo!店に、ほぼ同じスペックの中古が出ていました。もちろんMonterey搭載機です。これはラッキーかもしれない。

早速問い合わせてみると、こちらは中古ですから確実にMontereyですというお話です。

15分くらい逡巡しましたが、先の新品を買おうと決めたときに散々悩んでしまったので、もうあまり悩まず「あるのなら買おうじゃないか」と購入しました。

Yahoo!店だったので、PayPayカードを使うと大分ポイントが戻ってきてお得な感じです。

 

●今のiMacProちゃんはどうするの

これがちょうどクリスマスごろのお話だったのです。

それで問題になるのが、今使っているメイン機、iMacPro(2017)をどうするか、ですね。

最初は売って資金の足しにしようかとも思ったのですが、購入時にかなりメモリをおごったこともあり、まだ十分使えるスペックです。

それで、サブ機としておいておくことにしました。

すると、置いておく場所をどうにかしなければなりません。

どうにかしようじゃないか…

 

●置く場所を作ろう

それで、机の横に置いてあったガラスの飾り棚を部屋の隅に移動させ、そのあたりを片づけて、一つ大きめのラックを設置することにしました。

そしてエレクタに置いてあった書類や資料などをラックにしまって、あいたところへiMacProをVESA化してモニタアームにつけて設置する、という段取りを考えました。ついでに物置化していた作業テーブルも使えるようにしよう。

iMacProは脚の関係で高さが出てしまうため、エレクタにはしまえないでいたのですが、VESA化してしまえば入れられます。

このへん、どういう順番でどうする、というのがパズルの「箱入り娘」的なところがあって(狭いから)、知恵熱出そうでした。

 

●VESA化するじゃん

VESA化するにあたり、VESAマウントキットが必要だったのですが、Apple純正のものはもう手に入らないだろうと思っていました。物として販売はされていたのですが、Appleのサイトではもう販売終了です。

ヨドバシやビックカメラでも販売されていた形跡はありますが、もう数年前に販売終了となっています。

と、ケーズデンキに在庫があるという表示を見つけました。

「えっほんと?」と思いながら、これがほんとうにあるとすごいラッキーです。

素早く購入の手続きをします。

来るまで、ほんとうは手違いでもうとっくにないのに「あるよ」って表示だけしちゃってたゴメンね、って言われるんじゃないかと思っていたんですが、本当に翌日新品が届きました
すごいケーズデンキ!えらいケーズデンキ!

Img_4794

●ラックとモニタアームも届く

ラックは幅や奥行きを悩んだ結果、山善の突っ張りフリーラック、60cm幅にしました。

奥行きが25cmで圧迫感がないのがいいです。

モニタアームも注文しました。いよいよあとは肉体労働ですね。

 

●12/28

仕事納めも終わり、年内作業はほぼ終了という感じにできました。

暮れの銀行周りとか、お正月のハムをお肉屋さんに買いに行くとか(中野の島忠の横にあるお肉やさんのハムがおいしいので、これに決めています)、腰痛のリハビリに整形外科に行くとかの外出ミッションをすませて、午後3時頃から片づけを始めました。

いつか使うこともあるかととってあった封筒や、用のすんだ色校正のたぐいを確認しながら捨てていきます。

新品の封筒やフォルダのたぐいが部屋の2か所に分散していたので、場所をまとめます。

ガラスの飾り棚は中身を一度全部出してきれいに拭き、移動させて中身を戻します。

もう使わないだろうというものも入っていたので、捨てるものは捨てます。

といったあたりでこの日は終了。

iMacProのVESAマウントキットはこの日に届きました。

 

●12/29

朝ご飯を食べてから、暮れの買い物に出かけたので、作業はやはり午後3時頃からになりました。

ちょうどこの日、山善のラックとモニタアームが届きました。

早速ラックを組み立てます。上下のパーツを組み合わせるのに、木づち的なハンマーが必要でした。

横に寝かせなければならなかったので、2メートル×60センチの場所を確保しなければならず、それが一番大変だったかな…

場所を確保したあとはひたすら六角レンチでねじ締め地獄。数年前から手首がちょっとダメなので、これが一番辛かった。

もう必死でねじを締めまくり、何とかラックを設置しました。この日はこれで終了。

Img_4792

Img_4789

Img_4790

Img_4793

●12/30

作業は比較的早く、午後1時過ぎからかかれたですね。

作業テーブルの上とエレクタの上にある資料や書類を整理して、ラックへ格納していきました。

バラの紙類や、単にフォルダに投げ込んでいた紙類を確認して、捨てるものは捨て、残すものはフォルダにちゃんと見出しタブを付けてしまっていきました。

こういうのが一番時間も手間もかかるんですよね。

紙の資料でまとまっているもの、一度は全部捨てようかと思ったのですが、置いておくことにしました。

というのは、紙の資料は残しておくと、元データにもうアクセスできない/読み取れないとなってしまった場合にも最低限の情報を得ることができるからです。

そういう局面がここ数年で何回かあったので、やはり紙って大事だなと思っていたのですね。

Img_4795

片づけが一通りすんで、場所が空いたのでいよいよiMacProちゃんをVESA化します。

狼君が、VESAマウントキットをつけてモニタアームを設置するところをやってくれたので、とても助かりました。ありがとう狼君

Img_4796

Img_4797

iMacProちゃんが移動していったので、空いたところを片づけて、MacPro(2013)をメイン機にしていたころのメインモニタ、BenQちゃんを移動させてきて(今までサブモニタにしていた)、メインモニタにします。

サブモニタには、そのまた前のメインモニタだったEIZOのFlexScanSX2462Wを狼君から返してもらって(快く返してくれてありがとう)使うことにしました。これがメインモニタだったのってもしかしてG4(QuickSilver)のころかもしれんな。

いよいよMacStudioちゃん開封の儀!
状態はごくいいとのことでしたが、ほぼ新品同様でした。

Img_4799

Img_4800

一通り外付けHDDやTimeMachine用HDDなどをつなぎ、起動を確認します。

ちゃんと起動したので、とりあえずOSを再インストールします。

中古だから、初期化して再インストールしないといろいろ心配ですからね。

と思ったら、なんかしらないけどOSのダウンロードに何度も失敗するのはなぜ。ネットワークが中断されましたとか言うし…

3度目のチャレンジで無事インストールできたのでよかったですが、普段使っていて切断されることは今までなかったのでなんか謎だなあ。

そしてもう一つの謎が。

買っておいたエレコムのUSB-Cハブが動作しないのです。

この謎はすぐには解けなかった。

Img_4823

●12/31

まず、TimeMachineから、アプリケーション以外の環境を移行します。

ほんとうはファイルの移行もしない方がいいのですが(もう絶対使わないIntel時代の遺物や環境設定も来てしまうから)、そうすると手間が莫大になってしまう…ので…(特にメール環境)

もしAdobe関連で障害が出たら、クリーンアップして入れ直せばいいや的な、ちょっと日和った感じで移行しました。

さて、いよいよAdobeアプリインストールです。事前につくっておいたインストーラからインストールを始めます。このために個人版のほぼ倍額を払う、Amazonの割引セールとも縁のないグループ版を契約しているのです。

2021以降ならインストールできる感じです(その前はそもそもユニバーサルインストーラが用意されてないので無理っぽい)。

他はoffice365と、いわゆる「ものかのツール(必須!)」を中心に、今何が入っているのか確認しながら、いらないものは捨てながら、再構築していきます。

まず、ツール類は手元に保管しているインストーラのバージョンを確認しながら、公式サイトを確認して、一番新しいバージョンを入れていきます。Montereyなので。

日和った感じの環境移行をしたので、ひとつひとつ起動するかどうか確かめ起動しない・シリアルを求められる・ライセンスを求められるなどした場合はそれに対応しながらアプリケーションを入れていきます。一口で言いますけれど、けっこうめんどうくさいですね。

モリサワパスポートとLETSも、デスクトップアプリがあるのでインストールし、ライセンスを切り替えます。

LETSは旧LETSなので、もうアプリは表にはなかったですね。会員でログインした先にありました。新LETSに切り替えるかどうかはまだ決めていませんが、もしmojimoにカッコウが入ったら、mojimoにしちゃおうかなと思っています。つばめとカッコウが使えればそれでいいや…的な…

 

●そして年明け

一通り使えるかなというかんじにして年明けを迎えたわけですが、まだ積み残しの課題があった。

例の認識しないUSBハブ

エレコムのこちらです。

MacStudioに挿した場合はつながらないのですが、以下のような事を確認しました。

・iMacProでは動作する→ハブは壊れていない

・MacStudioに、別のUSB Type-Cのデバイスを繋いだ場合は動作する→ポートは生きている

うーんお手上げ。

と思っていたらですね、ふと、裏表逆に挿してみたら…動作したのですよ…

謎なので(Type-Cでも裏表はある的な情報もあるんですけど)、エレコムさんに聞いてみました。

そうしたら、iMacProちゃんでは正常に動作するので初期不良とまではいえないかもなのだけど、1回取り換えてみましょうとというお話になり、代替品を送ってくれるそうです。
それでちゃんと使えるんだといいな。

なお、この裏返したら動作したという話をしたら、「給電容量の大きいデバイスをいきなりつないだのでは」「百均や中華のパチモンなのでは」というご意見をいただいたのですが、自分はいくら何でもそこまでお粗末な人間ではないです…

 

外付けHDDがすぐスリープする

保存コマンドを押すと「エッ何か言った?ゴメン寝てた」的にレインボーカーソルを回しながら起きてくるんです。

なんでもこれ、MacStudio特有の現象らしく、皆さん困っているんだけど解決法が特にないみたいなのです。

そこで、このコミュニティで紹介されていたツール「Amphetamine を使って様子を見ることにしました。

定期的に外付けをたたき起こしてくれる感じですね。

 

ParallelsのサポートするゲストOSの範囲が狭くなった

以前のバージョンでの作業をしなければならない場合に備えて、Yosemite・High Sierraなどで仮想環境を構築しているのですが、M1Macではそのあたりが全滅です。構築できるのはMonterey以降になりました。

 

同じMontereyでも、Intel版とはちょっと違うな、と思うところがときどきありますね。

でも慣れれば気にならないと思います。

 

取り急ぎ構築レポートでした。

September 06, 2022

家電次々に壊れる

●冷蔵庫(日立R-HWS47K)

うちの冷蔵庫、ときどき冷凍庫が機能を突然停止して、全てのものが融けてしまうという現象が起きていたのである。これを当家では「全融け」と呼称している。

買って2年くらいなんだけど、4回くらい起きている。

実は購入してすぐ、2週間くらいで最初の全融けが起きていたのである。

きちんと閉めなかったからか?など、いろいろ疑ってみたのだが、再現できないのである… 再現できないと修理頼みづらいよね(トラブルには再現できる条件が確定されていることが必要だというIT脳なのである)

このとき、冷蔵庫は普通に動作している。

何しろなぜ起きるのかがつかめないので、修理を呼ぶのをためらううちにまた全融け…忘れた頃にまた…

とかやっているうちに、8月初旬また全融けが発生した。

氷を出そうとして引き出しを開けると、全てが水となってざんぶりしているのですよ。下の引き出しにも漏れちゃっているから、開封して使いかけのものはすべて廃棄です。そうでなくても融けちゃダメだろう的なものは廃棄。とほほ。

もう、遠慮している場合ではないのではと、日立に修理を依頼しました。

依頼して、1週間くらいで日立の人が様子を見にやってきました。

 

それでおっしゃるには

「ぱっと見おかしいところはないし、ユーザーの不注意で全融けが発生するということはまずない(冷凍庫の引き出し開けっ放しで放置くらいしないとならない)。

この冷蔵庫の場合、冷蔵と冷凍の回路が分かれているので、冷凍が全融けしてても冷蔵庫は普通に動いていておかしくない。

冷凍庫のプログラムをリセットする(内蔵コンピュータのデータを初期値に上書きする)ので、道具とデータを持って出直してきます。

現状のデータはバックアップをとって、社内に持ち帰って分析します」

 

ということで、翌日再訪されました(素早い)。

「冷蔵庫を前に引き出して、横から背面にアクセスしますので、横を空けといてください」といわれていたので、ゴミ入れとか置いてあったのを全部退避してお掃除しておいたです。

 

なにかいろいろされております。背面からだけでなく、扉を開けて中からも何かされています。

どうもファームウェアから書き直しているらしい様子です。

ファームウェアを上書きした後何かあったようですが、会社と電話でやり取りして無事解決できたらしい(ちょっと焦っていらした)。

それでちょっと驚いたんだけど、これは多分日立側の責任なので、修理代は要りませんといってお帰りになった。

なんかレアな故障だったのだろうか。

分析して原因がわかったらお知らせしますといっておられたが、まだご報告はない。

ちょっと気になっています。

その後は元気に動いていて、全融けは発生していない、というかなんかよく冷えるようになったような気がする…(多分気のせいだと思うけど)。

 

●テレビ

うちのテレビは、2017年12月購入の、Sharpのアクオス、LC-40U45という機種です。

それが8月の中ごろ、突如リモコン操作を受け付けなくなりました

本体側でしか操作できないのだけど、本体側には電源スイッチくらいしかないから、実質電源オンオフしかできない

他のリモコン(JCOMのセットトップボックス用のヤツとか)でも反応しないので、リモコンの故障でなく本体側の故障と判断しました。

早速修理を呼びます。

ヨドバシの延長5年保証に入っていたので、ぎりぎり無償修理できました。

本体側から電源オンオフなどしてみると(まあそれしかできないのね)、生き返ったり死んだりしていたのだけど、、6時間ほど経ってカンペキに死にました(電源も入らなくなる)。

修理がくるまで4日ほどあったので、その間の穴埋めに、とりあえずHDMI接続のモニタ(ACERの15,000くらいの)を買ってJCOMのチューナーに繋いでその場をしのぎました。

結論としてはテレビが見たかったらテレビを買おう!と思いました。

モニタにチューナーから出力して見るのはなんつか、操作的にツライです。

で、4日後に修理の人が来て、受光部分のパーツを全取っ換えして行った

電源入らない問題も、そのパーツの故障ということで説明できるのだそうです。

その後は問題なく復活しております。

 

●エアコン

富士通ゼネラルのAS-J56E2Wという機種です。買ったのは2015年くらいだったかな?もう保証は切れています。

これも8月のある日、狼君が大きな声を出したのでびっくりしてみると、突如室内機から水がボタボタッとこぼれているのです。

とりあえずバケツを持ってきて受けて、一度運転を止めました。

すぐに修理をネットで申し込みました。

申し込んでからちょっと調べたら、ドレーンパイプが詰まりかけると逆流して室内機から水が出ることがあると富士通ゼネラルのサイトに書いてありました。

これか?と思って、ドレーンパイプの先につけてある虫よけを外してみたら、なんかゲル状のどろりとした汚れとともにダーッと水が出てきました。虫よけもその汚れで詰まりかけていたのできれいに洗って付け直し。

おそるおそる電源を入れると無事…?に動き出した模様です。

そんなこんなしていると、富士通ゼネラルさんから折り返しのお電話かかってきました。

これこれと状況を説明すると、やはりドレーンパイプの詰まりが主因であろうということでした。それでも修理の人を呼びますか?と聞かれました。

ちょっと考えたけど、見えない部分に詰まりが残っていたりしないか心配なので来てもらうことにしました。

エアコンはさすがに生活に関わるからか、翌日午後に修理の方が来てくれました。

それで、サクションポンプというもので詰まりを掃除してくれました。やっぱりまだちょっと詰まってるということでした。

詰まりを通してから「ペットボトルか何かありますか?水を入れてみたいのですが」ということで2リットルのペットボトルに水を入れて渡すと、室内機のはじっこから流して様子を見ていらっしゃいました。

それで、問題ないということで解決です。

本体内にも1リットルほどはいる水受けがあるんだそうですが、詰まって逆流して容量を超えると、室内側から漏れてくるのだそうです。

サクションポンプは一つあったほうがいいですよと進言してもらったので、さっそく島忠で買ってきました。これで他のとこが詰まっても安心ですね。

そしていつ詰まるかわからないので(つまりいつ室内機から水が漏れるかわからないので)室内機の直下に電子機器などは置かないほうがいいね… と思いました…

April 28, 2020

冷蔵庫を新調しました

ねんがんの れいぞうこを てにいれた!

ここ数年の懸案であった冷蔵庫を新調しました。

前の冷蔵庫はいつ入手したかと言うと、結婚して2年目だったかと思いますが、武蔵境にあった立川電業で購入しました。

立川電業と言えば「ちょいと申さば、サービス万点万万歳、どうするこうする悩むじゃないよ、どでかく安いよ立川電業!」という深夜CMを覚えている方も多いでしょう。当時は私が電化製品を買う店買う店つぶれてしまい、この冷蔵庫を買った立川電業武蔵境店も、道路拡張に巻き込まれて露のごとく消えました。

日立の野菜室が真ん中にある「野菜中心蔵」というものだったなあ。
タマゴが20コ入る!と感動したのを覚えています。それまで使っていた冷蔵庫は冷凍庫もついておらず、タマゴは6つしか入らなかったのです。
当時のニュースリリースがまだネット上にありました。
1214a_20200428152901
Img_3985
こんな感じの冷蔵庫。

一度ドアクローザーがバカになって修理し、製氷機能が壊れて修理したこともありましたが、いずれのときも、すでに製造後10年以上経っていたのに日立のサービスマンの方がしゅぱっと直してくださったのだった。さすが日立。
しかも冷蔵庫本来の機能を左右するモーターは、25年間全く問題なく動き続けたのだった。さすが日立。

なので今回も日立にしました。信頼の日立。

Mainimg_hwsk_c1_pc
幅も奥行きもさほど変わらないのに、100リットルも容量が増えるのです。やったね

なぜ今買ったかと言うと、実は去年から欲しいなーと思っていて(2019年11月発売)、チェックしていたのです。
それで、お国からお金がいただけると言うし、前にリーマンショックの時にいただいたお金は、なんだか知らないうちにどっかへ散らかっていってしまったし、今回は何か形にのこるものにしたい…
冷蔵庫…
で、ヨドバシ.comに行ってみたら「予定数を販売したため終了」となっていて、購入ボタンが押せないようになっていたのです。
去年の11月に発売になったばかりなのになぜ!
と思って、問い合わせフォームから問い合わせをしてみたのだった。でも返事が来ない。
お返事来ないよぐすぐす、と思って、諦め悪く該当製品のページに行ってみたら、

在庫が!

復活!

していて!

ボタンが押せるのですよ。

それで悩み苦しんでいたら、約3名の方に背中を押され

ポチー

とボタンを押したと言うわけです。

今回、野菜室は下へ移動していました。なのでもう「野菜中心蔵」ではないですね。
でも基本設計はあまり変わっていないので、違和感なく使えています。
大きさも前のものと1センチくらいしか変わらないので、うまくすぽっと納まりました。

Img_3993
すっぽり

さてこれで、また25年使うぞーと思っております。

がんばれ日立!

February 22, 2020

ユニットバスを交換しました

今回、うちのユニットバスをそっくり交換するという、ちょっと規模の大きなリフォームをしました。

 

取り換えを決断したのには、大きな理由は3つあって、

1.風呂桶が劣化してきて変色などが目立つようになってきた(機能上は問題ないが見た目が悪い)、材質はFRP。

2.もともと排水が弱く、風呂桶の下に洗い場の水が入り込んでしまう構造なのだが、一緒に湯垢なども入り込んでしまうために、虫が湧きやすい。定期的にエプロンを外して掃除をしているのだが、手の届かないところに汚れが残ってしまうために、全滅させることができない。特に夏場、チョウバエが発生してしまって困っていた。

3.前述の掃除のためにエプロンをつけ外しする回数が多い。つけはずししていたら、エプロンの一部にヒビが入ってしまった。元々そう頻繁に脱着することを想定したものではないので、脱着に力がいる。今はいいけど今後が心配。

 

目に見えて気になっていたのは風呂桶の劣化。カビで黒くなったところは定期的にカビ取り剤を使用することでなんとか対処できていたのだが、お湯が溜まる上のヘリあたりが変色してきてしまったのです。また、風呂桶のそこにも斑点様の変色が見られるようになっていました。

最初は風呂桶だけ交換できないかと相談したのだけど、何しろ20年前のものなのでもう交換部品とかがないようでした。

 

相談したリフォーム家さんの説明は次の通り。

1. ユニットバスの耐用年数が20年くらいで設計されているのでそろそろ交換時期ではある

2. 最近の設計では洗い場や風呂桶からの排水が風呂桶下へ回るような構造にはなっていないので、虫は湧かない

3. 構造も再設計されているので、元々の問題である排水の弱さも解消できる可能性が高い

 

虫から解放されて、さらに排水も良くなる(かもしれない)のか… ということで決断したのでした。

 

メーカーはパナとリクシルとTOTOでカタログ比較し、リクシルのショールームへ行って決めました(カタログはリフォーム屋さんが調達して送ってくれました。ショールームへも同行してくれて、細かく希望を聞いてくれています。)。

 

決め手は風呂桶の形状と材質。リクシルでは風呂桶内にひじをかけられる段差があるので、立ち上がりが楽なのです(パナは普通のすとんとした風呂桶)。そして風呂桶の材質がプラスチックでなく人造大理石が標準であった(TOTOだと標準はFRP、人造大理石にするとオプション価格がかかる)。

今がINAXで(INAXは現在リクシルに買収されてリクシルの1部門になっている)、同一メーカーだと交換が容易であったということもあります。

 

リフォーム会社はどうやって選んだかというと、そもそもこのマンションの販売は野村不動産だったのだが、それもあって管理会社はずっと野村不動産系のところが入っています。管理会社にはリフォーム部門があって、うちのマンションでリフォームするところは多分半分以上がここを使っています。なので、うちのマンションに当初から入っているメーカーや部材を熟知しており、マンション内での根回しや管理会社への手続きなども熟知しています。いくらかかるかも実績が豊富なのですぐわかるし、変にぼったりしない(ぼったらすぐばれて次のお客が来なくなるから)。

というわけで、野村不動産パートナーズのリフォ-ム部門を選びました。

 

工事までの手順としては、以下のようになっています。

希望出し→カタログ複数送付→メーカー選択(希望オプションなど分かる範囲で選択)→ショールーム見学→現場下見→見積書をいただく→契約→工事 と言った流れでした。

リフォーム屋さんがうちのマンションの図面をお持ちだったので、現場下見がかなり後になっています。

現場下見にきてくれた工事監督をする方(営業担当者と二人で見えた)が、前のユニットの経験者だったので、今のユニットバスの標準とどう違うかを分かりやすく説明してくれたのも良かったです。

 

標準でついているものと、前のお風呂についているものとを比べると、けっこうオプションが多くて、前のお風呂はがんばっていい設備にしてくれてあったんだなと思いました。

なくなっては困るもの(ドア前のバスタオル掛け、浴室内の物干し竿、つかまり立ちするための手すり2ヶ所など)は前と同様につけてもらいました。

ビフォア

Img_3906 Img_3910 Img_3911Img_3905

 

工事中

Img_3912 Img_3913 Img_3914

 

アフター(まだ浴室暖房乾燥機がついていません。これは前のものをそのまま使うので、明日東京ガスさんが付けにきてくれます)

Img_3916 Img_3919 Img_3921 Img_3918 

色的には、あまり激しく印象が変わらないようにしました。

前の色は、あまり汚れが目立たず気に入っていたのです。前のお風呂のタイルの柄もかわいいので結構好きだったな。

これからこのお風呂とまた何十年かのおつきあいです。

チョウバエよさらばじゃ!

チャーム

  • すぐに届いて使い勝手がいいです。
May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

全文検索

  • search
無料ブログはココログ